野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「夏は西だけでは勝てない」―創志学園の“2番手”、146キロ右腕の決意と可能性

181センチ、72キロと細身ながらストレートの最速は146キロ。創志学園ではエース西純矢がいるため、“2番手”という立場の草加勝投手(2年)は中学3年時に138キロをマークした“隠れた逸材”でもある。速球以外に50メートルを5秒8で走る俊足も草加の大きな魅力だ。打撃の良さもあり、外野手としてスタメン出場する試合も多かったが、やはり見せたいのは“本業”での姿だろう。

最速146キロを誇る創志学園の草加勝【写真:沢井史】
最速146キロを誇る創志学園の草加勝【写真:沢井史】

中学時代から“隠れた逸材”の草加勝、入学当初は「複雑な気持ち」も…

 181センチ、72キロと細身ながらストレートの最速は146キロ。創志学園ではエース西純矢がいるため、“2番手”という立場の草加勝投手(2年)は中学3年時に138キロをマークした“隠れた逸材”でもある。速球以外に50メートルを5秒8で走る俊足も草加の大きな魅力だ。打撃の良さもあり、外野手としてスタメン出場する試合も多かったが、やはり見せたいのは“本業”での姿だろう。

 小学校、中学校では外野手。中学2年から本格的にピッチャーを始めたが、コントロールは決して良い方ではなかった。そのため帰宅後は3歳上の兄が構えたミットに集中して投げ込む練習を重ねてきた。兄も創志学園に進んだため、その背中を追って創志学園の門をくぐったが、入学直後の6月にヒジを痛めた。

 そんな中、同級生ですでに頭角を現していたのが西だった。兄から創志学園の練習は厳しいと言われ覚悟してきたものの「練習が厳しいうえにそんな同級生がいるのは複雑な気持ちでした」と当時の心境を明かす。それでも西のいいところを見て自分のプラスにしていこうとポジティブに考えた。

 1年生だった昨年12月にようやくヒジが完治。年が明けてピッチングを開始した。練習試合が解禁になる3月には実戦登板を果たした。ストレートとカーブのコンビネーションが持ち味。場数を踏むごとにマウンドさばきにも自信がつき、2年春に初めてベンチ入りした。ストレートの伸びが調子のバロメーター。その伸びがどんどん増していき、今春の県大会で146キロを叩き出した。

「高めのストレートで三振が取りやすいので、ストレートで空振りが取れた時は調子がいいんです。この頃からストレートにはだんだん自信を持てるようになってきました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」