野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「Aクラス請負人」―捕手で珍しい同一リーグ4球団目、細川はロッテを変えるか

12月6日、ロッテは細川亨捕手が入団することを発表した。通算1396試合に出場し、ゴールデングラブ賞とベストナインをそれぞれ2度受賞した38歳は、実働17年間で在籍チームが13度Aクラス入りした「Aクラス請負人」でもある。自らの貴重な経験を若手に伝え、2年間低迷を続けるチームを変えられるだろうか。

楽天から戦力外通告を受けロッテに入団した細川亨【写真:荒川祐史】
楽天から戦力外通告を受けロッテに入団した細川亨【写真:荒川祐史】

強豪チームで正捕手を張ってきたベテランのキャリアとは…

 12月6日、ロッテは細川亨捕手が入団することを発表した。通算1396試合に出場し、ゴールデングラブ賞とベストナインをそれぞれ2度受賞した38歳は、実働17年間で在籍チームが13度Aクラス入りした「Aクラス請負人」でもある。自らの貴重な経験を若手に伝え、2年間低迷を続けるチームを変えられるだろうか。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2001年ドラフト自由獲得枠で西武に入団した細川は、野田浩輔氏や炭谷銀仁朗捕手(現・巨人)との競争に勝利し、名捕手・伊東勤氏の後継者としてチームの正捕手へと定着。強肩と高い守備力に加え、パンチ力のある打撃を武器にリーグ屈指の捕手へと成長を遂げ、2004年と08年の2度の日本一に大きく貢献した。

 西武において確固たる地位を築いた細川は、2010年のオフにFA権を行使し、ソフトバンクへ移籍。高谷裕亮捕手や鶴岡慎也捕手(現・北海道日本ハム)と出場機会を争いながら、主力捕手として活躍した。円熟味を増したインサイドワークで常勝軍団形成の一翼を担い、在籍6年間で3度達成した日本一にも確かな貢献を果たしている。

 2017年からは自身3球団目となる楽天に活躍の場を移し、嶋基宏捕手の控えとして豊富な経験をチームに還元。2017年6月28日には、故郷の青森県で29年ぶりに行われたプロ野球1軍公式戦で初の先発出場を果たし、移籍後初安打も記録した。

 しかし今季は1軍での出場試合数がわずか2試合にとどまり、チームも前年のAクラスから一転して最下位に沈んでしまう。オフには戦力外通告を受け、退団が決まった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」