野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人の大型補強は優勝に結びつくのか? FAダブル獲りは過去8度、翌年Vは…

2018年も残りわずかとなった。平成最後のペナントレースはセ・リーグを広島が3年連続で、パ・リーグを西武が10年ぶりに制した。日本一の座に立ったのは、パ・リーグ2位のソフトバンク。クライマックスシリーズ(CS)で西武に“下剋上”を果たし、日本シリーズでも広島を破って2年連続で頂点に立った。

来季から巨人を再び指揮する原監督【写真:Getty Images】
来季から巨人を再び指揮する原監督【写真:Getty Images】

今オフは丸と炭谷をFA市場で獲得し、9度目のW獲りとなった巨人

 2018年も残りわずかとなった。平成最後のペナントレースはセ・リーグを広島が3年連続で、パ・リーグを西武が10年ぶりに制した。日本一の座に立ったのは、パ・リーグ2位のソフトバンク。クライマックスシリーズ(CS)で西武に“下剋上”を果たし、日本シリーズでも広島を破って2年連続で頂点に立った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 4年ぶりにセ・リーグ制覇を目指した“球界の盟主”巨人は67勝71敗5分の借金4で3位。球団ワーストタイとなる4年連続でリーグ優勝を逃した。CSでは2位のヤクルトを打ち破りファイナルステージに進出したものの、広島に敗れてシーズンを終えた。

 新たな時代となる2019年、原辰徳新監督の下で5年ぶりのリーグ優勝が至上命令となる巨人。それに向けて、このオフは大型補強を敢行している。丸佳浩外野手、炭谷銀仁朗捕手をFA市場で獲得。FA選手のW獲りは球団史上9度目となる。2人のほかにも、マリナーズを退団した岩隈久志投手、オリックスを自由契約となった中島宏之内野手、そして新助っ人としてクリスチャン・ビヤヌエバ内野手の入団が決まっている。さらには、守護神候補として新たな外国人投手の補強も目指していると伝えられる。

 12球団の中でも群を抜く積極補強を続ける巨人だが、これまで大補強を敢行した翌シーズンはどんな成績を残したのか。今オフと同じくFA選手を2人以上を獲得した年の補強を振り返り、翌シーズンの成績を見てみたい(育成入団、シーズン途中入団は除く)。

○1994年 優勝&日本一→1995年 3位
川口和久投手(FA、広島)
広澤克実内野手(FA、ヤクルト)
J・ハウエル内野手(ヤクルト)
S・マック外野手(ツインズ)
阿波野秀幸投手(トレード、近鉄)

「10・8」決戦を制してリーグ優勝し、日本一にも輝いた1994年。オフには川口、広澤をFAで獲得し、これが初のW獲りとなった。さらに、ヤクルトを自由契約となったハウエル、新外国人マックと契約したほか、トレードで阿波野も加入。“30億円補強”と呼ばれたが、故障者などもあり、終わってみれば、リーグ3位に終わった。

○1999年 2位→2000年 優勝&日本一
工藤公康投手(FA、ダイエー)
江藤智内野手(FA、広島)
河本育之投手(トレード、ロッテ)
鄭ミンチョル投手(韓国ハンファ)
D・メイ投手(阪神)

 2位で終わり3年連続V逸となった1999年オフは、ダイエーから工藤、広島から江藤のFAW獲りに成功。さらには、阪神からメイを獲得する大型補強を敢行した。「ミレニアム打線」と命名された打線が威力を発揮。松井が2冠王に輝き、江藤も32本塁打。工藤とメイが12勝ずつを挙げるなど補強が当たり、リーグ優勝、日本一となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」