野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • コロンビアで武者修行する日本人左腕 先発ローテ入りが目標、夢はNPB選手

コロンビアで武者修行する日本人左腕 先発ローテ入りが目標、夢はNPB選手

コロンビアのウインターリーグで先発ローテの座をつかもうと必死にもがいている日本人がいる。16年から四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーしている樽見万寿樹(まじゅき)投手(23)だ。今年まで同じ愛媛でプレーしていた同僚の片山悠投手(24)とともに、トロス・デ・シンセレホの助っ人として異国の地を踏んだ。

コロンビアのウインターリーグで奮闘する樽見万寿樹(左)と片山悠【写真:福岡吉央】
コロンビアのウインターリーグで奮闘する樽見万寿樹(左)と片山悠【写真:福岡吉央】

元阪神助っ人・ぺレスが決断を後押し

 コロンビアのウインターリーグで先発ローテの座をつかもうと必死にもがいている日本人がいる。16年から四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーしている樽見万寿樹(まじゅき)投手(23)だ。今年まで同じ愛媛でプレーしていた同僚の片山悠投手(24)とともに、トロス・デ・シンセレホの助っ人として異国の地を踏んだ。

 コロンビアで日本人の先発を探しているチームがあるという話をチームメートから耳にしたのは10月上旬。だが樽見は当初、あまり興味を示さず、乗り気でもなかったという。

「最初は『へえ、そんな話があるんだ』という程度だった。ある程度実力がないと通用しないだろうし、危険なところでもある。周りの人に迷惑はかけられないし、通用しないのなら行っても意味がないと思った。でもチームメートのペレスから直接『お前の球なら大丈夫。通用する。樽見ゴー!』と言われ、怖さはあったけど、若いうちにしかできないことだと思って決断した。頑張ればやれるのに、断る理由はなかった」

 樽見の直球の最速は138キロと決して速くはない。だが元阪神で、愛媛でチームメートだったネルソン・ペレス外野手は16年からオフにコロンビアでもプレーしており、ボールの回転数が約2400回とキレのいいボールを投げ、愛媛でも今季18試合3勝2敗、防御率2.76と結果を残していた樽見ならコロンビアでも通用すると太鼓判を押した。

 かつてコロンビアのウインターリーグに挑戦しようとしたことがある日本人の存在も知っていた。地元愛媛でバーを経営している小野真悟だ。本人から直接話を聞いたことはなかったが、知人ともに樽見もそのバーを訪れたことがあった。国内の独立リーグでプレー後、米国、メキシコのマイナー、ドイツと渡り、コロンビアのウインターリーグでも選手登録を目指して練習生として励んでいた先人の存在も、樽見の決断を後押しした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」