野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハムに今も息づく武田久の“魂” 名リリーバーの系譜を継ぐ2人の右腕とは…

このオフ、意外なところで懐かしい名前を聞いてうれしくなった。元日本ハムの武田久さん。17年シーズン終了後に退団し、投手兼コーチとして古巣の日本通運に在籍している。

今年ドラフト3位で日本ハムに入団した生田目翼【写真:石川加奈子】
今年ドラフト3位で日本ハムに入団した生田目翼【写真:石川加奈子】

17年シーズンに退団した武田氏、日本通運の後輩・生田目は「武田久さんのように!!」

 このオフ、意外なところで懐かしい名前を聞いてうれしくなった。元日本ハムの武田久さん。17年シーズン終了後に退団し、投手兼コーチとして古巣の日本通運に在籍している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 最初にその名を口にしたのは、今年ドラフト3位で日本ハムに入団した生田目翼投手(日本通運)だった。11月のファンフェスティバルで「武田久さんのように!! みなさんから愛される投手に」と書き込んだ色紙を披露したのだ。

 昨年のファンフェスティバルで武田さんが日本ハム退団と日本通運入りをファンにサプライズ報告してから1年。そのスピリットを受け継ぐ新人が同じ舞台に登場し、武田さんの名前を引き合いに出して入団あいさつを行うという何ともドラマチックな光景だった。

 生田目自身は、流通経済大時代のドラフトで指名漏れを経験している。2年前の悔しい思い出も「遠回りではなかった」と言えるのは、武田さんとの出会いがあったから。今季同じチームで過ごし、プロの投手として生き抜くために必要な様々な技術や考え方を教わったという。

 最速155キロを誇る本格派右腕は、目標とする選手として武田さんの名前を挙げる。「1年目から活躍して、長くこのファイターズにいられるように」と日本通運からドラフト4順目で入団して3度のセーブ王を獲得した大先輩の足跡を追いかける。

「セールスポイントは相手打者に向かっていく強い気持ち。打者に気持ちで負けないようなピッチングをすること」と入団会見で語った生田目。恩師と同じ強気な投球スタイルで、投手陣のサバイバルレースを勝ち抜いてほしい。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」