野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山本由伸に続け! 主力大流出のオリ、2019年のブレーク期待の有望5選手は…

65勝73敗5分の借金8で4年連続Bクラスに終わったオリックス。クライマックスシリーズ進出を逃し、福良淳一監督が辞任することとなったが、高卒2年目の山本由伸投手がリーグ2位の32ホールドをマークして大ブレークを遂げた。150キロをマークする投手、走攻守で期待の野手など潜在能力の高い若手が多いチームなだけに、きっかけさえ掴めば大化けする可能性もある。

オリックス・宗佑磨【写真:荒川祐史】
オリックス・宗佑磨【写真:荒川祐史】

抜群の身体能力を誇る宗は外野にコンバート

 65勝73敗5分の借金8で4年連続Bクラスに終わったオリックス。クライマックスシリーズ進出を逃し、福良淳一監督が辞任することとなったが、高卒2年目の山本由伸投手がリーグ2位の32ホールドをマークして大ブレークを遂げた。150キロをマークする投手、走攻守で期待の野手など潜在能力の高い若手が多いチームなだけに、きっかけさえ掴めば大化けする可能性もある。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ここでは、そんな2019年のブレークを期待する有望株5選手を挙げてみる。

○宗佑磨(5年目・22歳)
 高い身体能力を誇り、期待されていたホープは外野にコンバートされた2018年は、1軍で74試合に出場。打率.233、5本塁打22打点3盗塁の成績を残し、大きな経験を積んだ。序盤は1番として起用されたが、1軍投手の壁は高かった。吉田正、ロメロ、T-岡田とは違った、走攻守の総合力を武器に外野の一角を狙う

○山崎颯一郎(3年目・20歳)
 まだ1軍出場はないが、身長190センチの長身を生かした角度ある直球が最大の武器。2018年はウエスタン・リーグで20試合に登板して5勝7敗、防御率4.66の成績を残した。10月にはコロンビアで開催された「WBSC U-23ワールドカップ」の侍ジャパンU-23メンバーに選出され、最優秀防御率に輝いた成長著しい右腕。首脳陣の期待も大きく先発ローテ候補にも挙がる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」