野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • Aロッドは2度200億円超を獲得 MLB歴代最大FA契約の系譜 公式サイトが特集

Aロッドは2度200億円超を獲得 MLB歴代最大FA契約の系譜 公式サイトが特集

今オフのフリーエージェント(FA)市場では、目玉とされているブライス・ハーパー外野手(ナショナルスFA)とマニー・マチャド内野手(ドジャースFA)がどんな大型契約を勝ち取るかに注目が集まっている。

ヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】
ヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】

Aロッドは2度にわたり10年200億円超の契約を獲得

 今オフのフリーエージェント(FA)市場では、目玉とされているブライス・ハーパー外野手(ナショナルスFA)とマニー・マチャド内野手(ドジャースFA)がどんな大型契約を勝ち取るかに注目が集まっている。ここへ来て、米国内ではマチャドの契約は総額3億ドル(約325億4400万円)に達しないとも報じられているが、一方のハーパーは総額4億ドル(約433億9200万円)に近い契約を狙っているという噂もある。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 そんな中、MLB公式サイトでは「史上に残る最大FA契約選手は?」と題した特集を展開。1975年12月にメジャーにFA制度が導入されて以来記録した歴代最大FA契約を勝ち取った10選手を紹介している。

 FA制度が導入された後、最初の大型複数年契約を記録したのは“ヒットキング”ピート・ローズだった。1978年にフィリーズと4年320万ドル(約3億4700万円)で契約。寸評によれば、ローズはこの時、ロイヤルズから石油投資権、ブレーブスから年10万ドル(約1080万円)の生涯保障、カージナルスからはバドワイザーのビール販売権、パイレーツからは繁殖用牝馬2頭などユニークなオファーが寄せられる中、当初はもっとも低いオファーだったものの地元テレビ局に“カンパ”させたフィリーズと契約したのは「フィリーズが世界一に近かったから」だという。その見込み通り、ローズは1980年にフィリーズを球団初の世界一に導いた。

 翌1979年には剛腕ノーラン・ライアンがアストロズと結んだ4年450万ドル(約4億8800万円)が歴代最大を更新。さらに1980年には殿堂外野手のデーブ・ウィンフィールドがヤンキースと10年2300万ドル(約24億9500万円)という破格の契約を結んだ。

 ウィンフィールドの契約から11年後の1991年、歴代最大記録を実質的に倍増させたのが、メッツと契約したボビー・ボニーヤだった。この時結んだ5年2900万ドル(約31億4600万円)の契約は、寸評によれば「当時北米4大スポーツの中でも最高契約」だったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」