野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 最強先発ローテは…米メディア分析、トップ10に日本人所属3球団ランクイン

最強先発ローテは…米メディア分析、トップ10に日本人所属3球団ランクイン

大リーグのストーブリーグも終盤戦。ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズFA)、マニー・マチャド内野手(ドジャースFA)の移籍先はいまだに決まっていないが、各球団の基盤となる先発ローテーションの陣容は固まりつつある。

カブス・ダルビッシュ有(左)、ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有(左)、ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中のヤンキースは「上から下まで確か」、ダルのカブスも8位に入る

 大リーグのストーブリーグも終盤戦。ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズFA)、マニー・マチャド内野手(ドジャースFA)の移籍先はいまだに決まっていないが、各球団の基盤となる先発ローテーションの陣容は固まりつつある。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大リーグ各球団の先発ローテを特集する記事を載せたのは米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」だ。「2019年MLB最高の先発ローテーションTOP10」との見出しをつけ、「質の高い先発陣なしでは、ワールドシリーズに進出することは難しい」と指摘。現時点で組める先発ローテを予想した上で戦力分析している。

 10位にランク付けされたのは田中将大が所属するヤンキースだ。昨季5年連続2桁12勝を挙げた田中は、エース右腕のルイス・セベリーノ、マリナーズからトレードで獲得したジェームス・パクストン、FAで再契約したJA・ハップ、CC・サバシアと先発ローテを組む。記事では「昨季防御率4.05とメジャー14位の成績で終えたローテーションを強化した。全員が健康で能力を発揮すれば、上から下まで確かな先発陣である」と評価された。

 9位のフィリーズに続き、8位に入ったのはダルビッシュ有が所属するカブス。9月に右肘のクリーニング手術を受け、復活を目指しているダルビッシュはエースのジョン・レスター、カイル・ヘンドリクス、ホセ・キンタナ、コール・ハメルズと共に紹介されている。記事では「ユウ・ダルビッシュは昨シーズンの巨大な補強になるはずであったが、右肘のストレス反応により、カブスのデビューイヤーは上手くいかなかった。100%の状態で復帰するとしたら、まだ彼は違いを生むことができる」と期待。ダルビッシュが復活を果たせば、ランキングがもっと上がってもおかしくはない陣容だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」