野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

引退の川端友紀は最大の“ライバル”にして最高の友人―三浦伊織が思いを語る

20日にさいたま市内で引退会見を行った埼玉アストライアの川端友紀内野手。ヤクルトでプレーする川端慎吾内野手を兄に持ち、人気、実力ともに女子野球界トップクラスのスター選手は、女子プロ野球創設から9シーズンに渡ってリーグを牽引してきた。

涙ぐむ三浦伊織(左)に声をかける川端友紀【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
涙ぐむ三浦伊織(左)に声をかける川端友紀【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

川端も引退会見で思いを吐露「三浦選手の存在が大きくて、一番の原動力でやってこられた」

 20日にさいたま市内で引退会見を行った埼玉アストライアの川端友紀内野手。ヤクルトでプレーする川端慎吾内野手を兄に持ち、人気、実力ともに女子野球界トップクラスのスター選手は、女子プロ野球創設から9シーズンに渡ってリーグを牽引してきた。

 2013年に自己最高の打率.431を記録し、角谷賞(MVP)を獲得。自身3度の首位打者に輝き、1度の最多打点、2度の最高出塁率もマークした。リーグ通算380試合出場で、歴代2位の432安打、2本塁打、192打点、98盗塁、通算打率.373。野球日本代表「侍ジャパン」女子代表にも2012年から選出され、4大会連続で女子野球ワールドカップに出場。昨年、米国で行われた第8回大会でも主軸として活躍し、日本代表の6連覇に大きく貢献した。

 そんな川端が引退会見で、9年間に渡ってトップを走り続けることができた「原動力」として挙げたのが、ライバルの存在。昨季、リーグトップの打率.446をマークし、3度目の首位打者と角谷賞にも輝いた京都フローラの三浦伊織外野手に“敬意”を示した。ワールドカップではともに日の丸を背負い、日本のために戦った。

「一番は本当に負けず嫌いなので、ライバルの存在が一番大きかった。1期生の三浦伊織選手と初めは同じチームでプレーしていて、9年間ずっと首位打者を意識して切磋琢磨してやってこられて。三浦選手の存在が大きくて、一番の原動力でやってこられたと思います」

 川端はこう語ったが、20日の引退会見後のTHANKS PARTYに駆けつけ、涙で“ライバル”を惜別した三浦も同じような思いを抱いていた。同じリーグ創設メンバーの一人として、川端への思いを語り尽くしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」