野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 薬物疑惑のボンズとクレメンスは殿堂入り不可能? 米メディア特集「彼らはズルをした」

薬物疑惑のボンズとクレメンスは殿堂入り不可能? 米メディア特集「彼らはズルをした」

22日(日本時間23日)に、史上初となる100%の得票で元ヤンキースのマリアーノ・リベラ氏が米野球殿堂入りを果たした。メジャー通算19年間で史上最多の通算652セーブを積み重ねた伝説のクローザーで、有資格1年目での殿堂入りとなった。

殿堂選出を逃したバリー・ボンズ氏【写真:Getty Images】
殿堂選出を逃したバリー・ボンズ氏【写真:Getty Images】

米「ESPN」のパッサン記者が2人に投票しなかった記者を“取材”

 22日(日本時間23日)に、史上初となる100%の得票で元ヤンキースのマリアーノ・リベラ氏が米野球殿堂入りを果たした。メジャー通算19年間で史上最多の通算652セーブを積み重ねた伝説のクローザーで、有資格1年目での殿堂入りとなった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 リベラ氏の他、ブルージェイズとフィリーズでプレーし、2017年に飛行機事故で40歳の若さで急逝したロイ・ハラデー氏、元ヤンキースのマイク・ムッシーナ氏、元マリナーズのエドガー・マルティネス氏と新たに4人が殿堂入りを果たした。その一方で歴代最多7度のサイ・ヤング賞を受賞したロジャー・クレメンス氏、MLB史上最多の通算762本塁打を放っているバリー・ボンズ氏などは殿堂入りを逃した。

 米殿堂入りは、10年以上連続でメジャー取材をする米国野球記者協会(BBWAA)に所属する記者が投票権を持ち、全投票数の75%以上を獲得した候補者が殿堂入りを果たす。また、得票数が全投票数の5%に満たなかった候補者は翌年からリストを外れることになるが、5%以上の得票があっても候補としての資格を持つのは10年間と定められている。

 MLBの歴史の中でも輝かしい実績を残してきたクレメンス氏とボンズ氏。今回で7年目の有資格だったが、殿堂入りはならず、残る有資格期間は3年間となった。ただ、米メディアでは、この2人は将来的にも“殿堂入り出来ない”と厳しく指摘されている。

 米スポーツ専門局「ESPN」電子版は「バリー・ボンズとロジャー・クレメンスが殿堂入りしない理由」とするジェフ・パッサン記者の特集を掲載。記事では「議論の余地はあるが、球界史上最高の打者と(サイ・ヤング賞の)最多受賞の投手は殿堂入りに必要な75%に満たないだろう」と、薬物疑惑のある2人を一刀両断した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」