野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

浅村加入、新人6人が1軍スタート 新生・楽天の春季キャンプの見所は…

2018年はリーグ最下位でシーズンを終えた楽天。今オフは積極補強に加え、小谷野栄一や後藤武敏を筆頭に、多くの新コーチを迎え入れるなど大改革を敢行した。そんな新生「平石楽天」が、2月1日から沖縄県久米島町と金武町にて行う「マジェスティック スプリングキャンプ 2019」の見どころを紹介する。

楽天・岸孝之(左)と則本昂大【写真:荒川祐史】
楽天・岸孝之(左)と則本昂大【写真:荒川祐史】

投手では2年目の近藤、3年目の池田も楽しみな存在

 2018年はリーグ最下位でシーズンを終えた楽天。今オフは積極補強に加え、小谷野栄一や後藤武敏を筆頭に、多くの新コーチを迎え入れるなど大改革を敢行した。そんな新生「平石楽天」が、2月1日から沖縄県久米島町と金武町にて行う「マジェスティック スプリングキャンプ 2019」の見どころを紹介する。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 5年連続の奪三振王に輝いた則本昂大投手と、最優秀防御率を獲得した岸孝之投手というWエースを擁する楽天。しかし、昨年2桁勝利を記録したのは、この2人のみ。美馬学投手はわずか2勝に終わり、辛島航投手は9度のクオリティースタート(QS)を達成しながら4勝9敗と、大きく負け越した。今年こそは、若手の先発投手の台頭に期待がかかる。

 そんな中で注目が集まるのは1軍でもそれぞれ実績を残している古川侑利投手、藤平尚真投手あたりだろう。古川は昨年プロ初勝利を含む4勝を挙げ、藤平も8月に復帰して以降は先発ローテに加わり、初完投勝利を含むキャリアハイの4勝をマークした。

 この他、今回のキャンプで1軍に選ばれた2年目の近藤弘樹投手と、3年目の池田隆英投手も楽しみな存在。2017年ドラフト1位の近藤は、昨年10月に行われた「第2回 WBSC U-23ワールドカップ」決勝で先発を務め、8回無失点の好投。池田は同12月のアジアウインターベースボールリーグで、4試合に登板して2勝0敗、防御率0.69という成績でイースタン選抜の優勝に貢献している。

 ルーキーの投手ではドラ4の弓削隼人とドラ8の鈴木翔天が1軍に振り分けられた。弓削は身長190センチ超の大型左腕で、担当スカウト曰くどこでも投げられる「和製ランディ・ジョンソン」。鈴木は、本格的に投手を始めてまだ4年という22歳。どんな球を投げるのか、ファン・首脳陣の注目度は高い

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」