野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「1番下だと思っている」―昨季0勝の中日大野雄、復活の鍵は「打者との“間”」

3日に沖縄・北谷公園野球場で行われた中日の実戦形式練習。ベテラン、外国人を除く主力12人の投手が次々とマウンドに上がり、打者4人ずつと真剣勝負を繰り広げていった。オフの段階から予告されていた、この実戦形式。12人の投手が1つの四球も出すこともなく、このキャンプに向けて自主トレを重ね、順調な仕上がり具合となっていることを感じさせた。

実戦形式での登板を行った中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
実戦形式での登板を行った中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

初実戦で12投手の先陣を切って登板、最速147キロを4球記録

 3日に沖縄・北谷公園野球場で行われた中日の実戦形式練習。ベテラン、外国人を除く主力12人の投手が次々とマウンドに上がり、打者4人ずつと真剣勝負を繰り広げていった。オフの段階から予告されていた、この実戦形式。12人の投手が1つの四球も出すこともなく、このキャンプに向けて自主トレを重ね、順調な仕上がり具合となっていることを感じさせた。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 その12人の中でも特に目を引く、圧巻の投球を披露したのが、大野雄大投手だった。12人の中で先陣を切って、まっさらなマウンドに上がった左腕。先頭の京田に対しての初球、詰まらせながらも右翼線に落ちる二塁打を浴びたが、ここからが圧巻。続く高橋周のバットをへし折って一ゴロに仕留めると、大野奨は空振り三振。さらに松井佑もバットをへし折って遊ゴロに打ち取った。この時期としては驚異的な速さの147キロをなんと4球もマーク。打者4人でバット2本を粉砕した。

「しっかり投げられたと思います。京田選手にツーベースは打たれましたけど、実戦形式とはいえ点はやりたくなかった。返されないようにと投げた結果ゼロに抑えられましたし、内容も良かったのでヨシとしたいと思います。走りも良かったし、球も強かったと思う。悪いことじゃないと思う」

 こう振り返った大野雄は、与田剛新監督も、そして中日ファンも復活を願っている投手である。2013年から3年連続で2桁勝利をマークし、2016年と2017年には2年連続で開幕投手も務めた。本来であれば、中日のエースとして君臨しているべき、いや、していなければいけない投手のはず。ところが、昨季は大不振に喘ぎ、1軍登板はわずか3試合。1勝もできないままシーズンは終わり、防御率は8.56。佛教大から入団した2011年のルーキーイヤー以来となる未勝利に終わったのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」