野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元日ハムエース西崎幸広氏が振り返る「別格」野茂英雄と「天才」イチロー

デビューした1987年にいきなり15勝をマークし、近鉄の阿波野秀幸と熾烈な新人王争いを繰り広げた元日本ハムの西崎幸広氏。プロ1年目から5年連続2桁勝利を挙げたエース右腕だが、同時期にプレーした選手の中で異彩を放っている2選手がいた。それが、近鉄の野茂英雄であり、オリックスのイチローだった。

日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった野茂英雄氏(左)とイチロー【写真:Getty Images】
日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった野茂英雄氏(左)とイチロー【写真:Getty Images】

1990年代初頭に野茂、イチローの好敵手として活躍

 デビューした1987年にいきなり15勝をマークし、近鉄の阿波野秀幸と熾烈な新人王争いを繰り広げた元日本ハムの西崎幸広氏。プロ1年目から5年連続2桁勝利を挙げたエース右腕だが、同時期にプレーした選手の中で異彩を放っている2選手がいた。それが、近鉄の野茂英雄であり、オリックスのイチローだった。

 1990年にプロデビューし、いきなり18勝を挙げて最多勝、最多奪三振、最優秀防御率のタイトルを獲得。さらには、新人王、MVP、沢村賞をトリプル受賞した野茂だったが、この頃、日ハムのエースとしてチームを牽引していた西崎氏は「同じ時代に投げていた投手の中でも別格でしたね」と振り返る。

「何がすごいって、全てすごいですよ。打者はみんな、野茂のフォークが来るって分かっていて打てないんですから。フォークを待っていて打てない。日本球界にいたのは5年ですけど、その間に4年連続で最多勝を飾った。ちょっと違いましたよね。

 ただ、野茂がすごいのは、あの時代にメジャーに行ったこと。日本人メジャー1号は村上(雅則)さんがいますけど、現在の日本人メジャー選手の流れを生み、架け橋となったのは野茂ですよ。あの時代に、僕らはメジャーに行くなんて考えたこともなかった。選択肢としてなかったんです。でも、野茂が『こういう選択肢があるんだ』って示してくれた。僕はもう年齢もいっていたから、今から冒険してまで……っていうのはありましたけど、もし若い頃だった行きたいって思ったかもしれませんね」

 ドジャースと契約した野茂は、1995年にメジャーデビューを果たすと、12シーズンで通算323試合(318先発)に投げ、123勝109敗、防御率4.24の成績を残した。レッドソックス時代の2001年には220奪三振でタイトルを獲得。また、1996年と2001年には2度ノーヒットノーランを達成し、メジャー史上4人目の両リーグでの偉業達成となった。

 西崎氏は「今の子供たちは、最初から選択肢としてメジャー行きがある。その道を作ってくれたのは、やっぱり野茂。彼のおかげですよね」と、その功績を称えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」