野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 機動力の底上げ狙う巨人期待の7選手 “走塁のスペシャリスト”が授ける知恵とは

機動力の底上げ狙う巨人期待の7選手 “走塁のスペシャリスト”が授ける知恵とは

巨人はオフの補強で投手、捕手、外野手、外国人選手とウイークポイントを埋め、戦力を整えた。そこに熾烈な競争を勝ち抜いた若き才能が加われば、5年ぶりのV奪回も十分にあり得るだろう。

巨人・松原聖弥【写真:Getty Images】
巨人・松原聖弥【写真:Getty Images】

新任の鈴木尚広コーチにかかる期待

 巨人はオフの補強で投手、捕手、外野手、外国人選手とウイークポイントを埋め、戦力を整えた。そこに熾烈な競争を勝ち抜いた若き才能が加われば、5年ぶりのV奪回も十分にあり得るだろう。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季はもちろん来季以降も優勝争いを狙えるチーム作りを進める過程で、特に底上げを図りたいのは未来のローテを担う投手と、足を生かした機動力だ。そのうち走塁に関しては、秋季キャンプから首脳陣は高い意識を持つように選手に指示。スピード自慢の若い選手たちは、新シーズンに向けて技術向上に取り組んでいる。

 そんな若手選手たちにとって大きな道標となるのは、現役時代に走塁のスペシャリストとして活躍した鈴木尚広新1軍外野守備走塁コーチが、これまで積み上げてきた感覚から紡ぐ言葉だ。

 鈴木コーチは2016年を限りに現役引退後、盗塁や走塁に関するインタビューや講演活動をする中で、一番好ましくないのは「挑戦しないこと」と繰り返し、言い続けてきた。

「盗塁は失敗するようにできています。投手が完璧なクイックモーションで投げ、捕手が正確なスローイングをすればアウトになります。その中で相手の癖を見抜いたり、スキを突く。スタートを切らなければ何も始まりません」

 捕手の捕球ミスや、送球時にボールの握り替えで生じるタイムロスも、走者がスタートを切らなければ起こらない。鈴木コーチは現役時代、盗塁成功数228個。晩年はシーズン終盤、盗塁が警戒される中で代走として登場し、日本記録となった132個の代走盗塁を決めた。228盗塁という記録は、数々の「挑戦」と試行錯誤を繰り返し、積み重ねていった。鈴木コーチは原辰徳監督にその脚力を見いだされ、才能を開花させたが、現役中に盗塁に失敗して叱責されたことは一度もないという。自分で考えて、トライして、表れた結果だったからだ。多くの盗塁成功の陰には、首脳陣との信頼関係も存在していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」