野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「捕手がいい音で捕ってくれるうちはダメ」―西武今井が「特別な投手」である理由

「捕手がいい音で捕ってくれるうちはダメ」―西武今井が「特別な投手」である理由

ボールが指先から離れ、しゅーっと音を立てて捕手のミットに吸い込まれる。ばちんと大きな音が鳴り響く。それを聞いて、西武・今井達也は首をひねった。

岸孝之から背番号「11」を受け継いだ西武・今井達也【写真:荒川祐史】
岸孝之から背番号「11」を受け継いだ西武・今井達也【写真:荒川祐史】

マウンドに立つ岸孝之から受けた感銘「あれだけやれるんだ」

 ボールが指先から離れ、しゅーっと音を立てて捕手のミットに吸い込まれる。ばちんと大きな音が鳴り響く。それを聞いて、西武・今井達也は首をひねった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「キャッチャーミットからいい音がしているうちは、ダメなんです」

 今年のキャンプでは、ピッチングフォームの力感をなくすことが1つのテーマだ。ストレートの最速は153キロを計測するが、「ストレートで空振りが取れない」ことの原因を探るうちに、このテーマに行き着いた。

「ストレートはもともと150キロを超えていて、スピードは出るんですけど空振りが取れなかったんです。岸さん(楽天)は140キロ前半のストレートでも空振りが取れる。自分との違いは何だろうと考えるようになりました」

 今井にとって岸の存在は目標であり、憧れだ。背番号11を受け継いだだけではなく、身長もほぼ同じ。互いに先発した楽天戦(18年6月30日・メットライフ)では「自分と同じ体型の岸さんがあれだけやれるんだ」とマウンドに立つ岸の姿から感銘を受けた。

 今井が昨年奪った65三振のうち、ストレートで奪った三振は19。対して、岸は159三振のうちストレートで奪ったものは100を超える。割合にして今井がストレートで三振を奪う確率が3割程度、岸はなんと6割以上なのだ。

「バッターは投手のフォームを見る。腕の振りの力みを見て(どの変化球か)分かるからです。岸さんはどの球種を投げる時も変な力みを感じません。力みのない状態から、ボールが来る」と今井は言う。だからこそ、150キロを超えずともストレートで空振りを取ることができると考えている。

「シュートしたり、ひっかけたりすることなく、回転がきれいな真っ直ぐを投げないといけない。いいボールがいくときのフォームを作る。それを再現する。ブルペンではその繰り返しです」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」