野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 「30歳でドラフト指名は夢がある」―NPB入りを狙う台湾2年目の日本人152キロ左腕

「30歳でドラフト指名は夢がある」―NPB入りを狙う台湾2年目の日本人152キロ左腕

西武と台湾・統一ライオンズの交流試合が2月20、21日に行われる。この交流試合のメンバーには入らなかったものの、統一には一人の日本人投手が所属している。2019年に台湾球界挑戦2年目を迎える快速左腕、知念広弥投手だ。

台湾球界挑戦2年目を迎える知念広弥【写真:(C)PLM】
台湾球界挑戦2年目を迎える知念広弥【写真:(C)PLM】

NPB入りの夢を諦めきれず……台湾・統一に所属する知念広弥投手

 西武と台湾・統一ライオンズの交流試合が2月20、21日に行われる。この交流試合のメンバーには入らなかったものの、統一には一人の日本人投手が所属している。2019年に台湾球界挑戦2年目を迎える快速左腕、知念広弥投手だ。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 知念は1989年生まれ。2年連続で沢村賞を受賞した巨人・菅野智之投手と同世代だ。おかやま山陽高校、金沢学院大学を経て、九州三菱自動車で4年間プレー。九州三菱自動車では朝に練習して昼から社業に入るという一般的な社会人チームとは真逆の形態で、野球よりも社業が優先される環境だった。営業職ゆえに終業も遅い。「野球を考える時間だったり、体を休める時間がどうしても少なかった」という。

 九州三菱自動車ではロッテから16年ドラフト5位で指名、入団した有吉優樹投手とチームメートだった。「1個下ですけど、年下というイメージがあまりない。目標であり、友達みたいな感じですね。取り組む姿勢もよく、いい投手だと思っていました。一緒にやれば同じようにレベルを上げられるかなと思い、よく一緒に練習しました」。プロ入りを目指す知念の刺激となった。「僕にとって、野球で結果を出すには苦しい状況だった」。プロ野球選手になるという夢をかなえるために独立リーグ行きを決断した。「僕にとって、野球で結果を出すには苦しい状況だった。たくさん時間があるのが当たり前のことじゃないとわかって、一生懸命になれる。『あの時はこんなに時間がなかったけど、今はあるんだからやれよ』っていうのを自分に言い聞かせられるので、いい経験だったなと思います」。社会人野球の厳しい環境に身を置いたことは貴重な糧にもなった。

 九州三菱自動車の退社直前には140キロ程度に落ちていたが、ルートインBCリーグの新潟では1年で150キロまで戻ったという。「(野球に)かけられる時間がかなり増えたので、一気に成長できたと思います。投球の感覚も全然違った」。確かな手応えを感じていた知念の元には実際にプロ球団からの調査書が届き、スカウトも視察するようになったという。だが、年齢がネックになった。「スカウトが来ても、『いいね、何歳?』ってなった時に『25、26です』ってなった時に『うわあ、マジか』っていうような感じで……」。プロにも認められる実力を持ち、NPB入りに近づけていたという実感もありながらドラフト指名の声がかかることはなく、2017年に一度は28歳でユニホームを脱ぐ決断した。

 だが、プロ入りを諦められない。2018年3月に台湾に渡って自費で統一の入団テストを受けることに。そこで左腕から繰り出される143キロの速球と多彩な変化球が評価され、契約を勝ち取った。NPBでのプレー経験を持たない異色の経歴ながら台湾球界で入団テストを受験できた背景には、現役時代に台湾球界でプレーした経験を持つBCリーグ・新潟の監督・加藤博人氏の紹介があったという。大きく曲がるカーブを武器にヤクルトの日本一にも貢献した好投手だった加藤氏は、「能力的にはいいものを持っているから、このままでは惜しい」と、挑戦を模索する愛弟子の背中を押してくれたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」