野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

社会人強豪の日本通運野球部トレーナーが考える、プロ入りする選手の“違い”

2016年の日本選手権準優勝、2017年の都市対抗でも準優勝に輝くなど、社会人野球の強豪として知られる日本通運野球部。2018年のドラフトで日本ハムから3位指名を受け入団した生田目翼投手など、プロ選手も輩出している。その名門チームでトレーナーを務める中谷大志さんは、怪我の治療だけでなく、トレーニングメニューの作成や選手の体のメンテナンスなど、様々なサポートを行っている。そこで、選手の体をよく理解している中谷さんに、プロの切符を掴むことができる選手のすごさを聞いた。

日本通運野球部の中谷大志トレーナー【写真:荒川祐史】
日本通運野球部の中谷大志トレーナー【写真:荒川祐史】

プロ選手も多く輩出している日通野球部、トレーナーの中谷さんが見るプロ入り選手の凄さ

 2016年の日本選手権準優勝、2017年の都市対抗でも準優勝に輝くなど、社会人野球の強豪として知られる日本通運野球部。2018年のドラフトで日本ハムから3位指名を受け入団した生田目翼投手など、プロ選手も輩出している。その名門チームでトレーナーを務める中谷大志さんは、怪我の治療だけでなく、トレーニングメニューの作成や選手の体のメンテナンスなど、様々なサポートを行っている。そこで、選手の体をよく理解している中谷さんに、プロの切符を掴むことができる選手のすごさを聞いた。

 最速155キロの直球を武器に、即戦力ルーキーとして期待される生田目は、1度に出す力の大きさに特徴があるという。

「『ドン』と出す力の大きさがすごいです。飛ぶ時も、力が入ったままだと高く飛べないですが、1回ふっと力を抜いて反動をつけて飛ぶと高く飛べます。それと同じで、投げる時に1回力を抜いている。力の抜き方を知っているんだと思います。そのタイミングが合っている選手は、パフォーマンスが高いと思います」

 中谷さんは、どうしたら他の選手もそういう動きができるかを研究しており、チームでもコツを掴めるトレーニングを行っているという。

「メディシンボールという重いボールを、反動を使って投げる練習を取り入れています。選手も感覚を持っているので『これは使えるな』というのを自分で判断して取り入れてくれています」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」