野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・松田×ソフト山田が特別対談(1) 東京五輪への思い激白「応援団長でも…」

2020年の東京五輪が目前に迫っている。2008年の北京五輪以来3大会ぶりに野球、ソフトボール競技が復活するが、2013年、2017年のWBCに日本代表として出場経験のあるソフトバンクの松田宣浩内野手と、アテネ五輪で銅、北京五輪で金メダルを獲得し「女イチロー」の異名を持つ日立ソフトボール部の山田恵里外野手が、Full-Countのスペシャル対談で東京五輪への思いを語り合った。

ソフトバンク・松田宣浩(左)と日立ソフトボール部・山田恵里【写真:篠崎有理枝】
ソフトバンク・松田宣浩(左)と日立ソフトボール部・山田恵里【写真:篠崎有理枝】

日本代表経験が抱負な2人、「女イチロー」山田も「もう1回出たい」

 2020年の東京五輪が目前に迫っている。2008年の北京五輪以来3大会ぶりに野球、ソフトボール競技が復活するが、2013年、2017年のWBCに日本代表として出場経験のあるソフトバンクの松田宣浩内野手と、アテネ五輪で銅、北京五輪で金メダルを獲得し「女イチロー」の異名を持つ日立ソフトボール部の山田恵里外野手が、Full-Countのスペシャル対談で東京五輪への思いを語り合った。

 WBCに2度出場経験のある松田は、東京五輪でも代表入りしたいと話し、そのためにも今シーズンは活躍しなければいけないと意気込む。一方の山田も、北京五輪で金メダルを獲得してから12年振りとなる五輪にかける思いは人一倍大きい。

松田「東京五輪には応援団長で出たいです(笑)。それくらい、メンバーに入りたいという思いはありますね。WBCには2回出させてもらって、あと何があるかといったら、オリンピックだと思う。今年36歳ですが、バコバコ打って活躍して、サードで選んでもらえるくらいの数字を出したいと思っています。今シーズンは、どの競技の選手にもやりがいがある1年だと思う。2019年に活躍した者が、東京五輪の代表に選ばれる。WBCに2回選ばれたときも、前の年はめちゃめちゃ頑張れた。モチベーションになりますね。日の丸って、かっこいいじゃないですか。サッカーは代表戦が多いけど、野球で日の丸を背負ってプレーする機会は滅多にない。オリンピックも経験したいです」

山田「2大会ソフトボールがなかったから、もう1回出たいという思いが強いです。北京で金メダルを取って、その後に五輪競技からなくなって、目標を見失ってしまう時期がありました。その時は『自分一人の力じゃなく、いろんな人の支えがあってソフトボールを続けられた。恩返ししなきゃ』という思いで続けてきました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」