野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・松田×ソフト山田が特別対談(2) 第一線で活躍する両選手の“打撃論”

昨年、4年連続全試合出場を果たし、プロ13年目で初のベストナインを受賞したソフトバンクの松田宣浩内野手と、アテネ五輪で銅、北京五輪で金メダルを獲得した日立ソフトボール部の山田恵里外野手が、Full-Countでスペシャル対談を行った。松田は今年36歳になるが、チームの中心として活躍中。一方、日本代表主将として北京五輪で金メダルを獲得した山田も、12年ぶりにソフトボールが行われる東京五輪で活躍が期待される。

打率を意識しない山田「打てるときに打っておく」

 打率が弱点だという松田。国内リーグの数々のタイトルを総なめにしてきた山田が打率を上げるために心掛けているのは、どのようなことだろうか。松田に意見を求められた山田が語った。

松田「打率はどうやってあげるんですか? 僕の一番の弱点です。打率は意識しますか? 見ます?」

山田「打率は見ないようにはしています。打てるべき時に打っておく。あとはフォアボールを選びます」

松田「フォアボールね。大事だよね。出塁率が上がれば、打率は上がる。1打席打てなかったかもしれないけど、フォアボールはヒットと一緒と思ったほうがいい。自分はそれが嫌で、Hを付けたいから無理なバッティングをしているような気がする。今年はフォアボールを取りに行きたい。打率を稼ぎたいですね。初球は振ります?」

山田「絶対ではないですけど、狙ってるボールは。読みはします。初球を見逃して相手の出方を見るときもあるし、全く振らない時もある。次の打席にかけたりもします」

松田「若いころはイケイケドンドンだから、初球からなんでも振るバッター多いですよね。僕はカウント2-0を作りたいですね。よりいいカウントで勝負したい。0-0はいいカウントとは思わない。3-0が一番好き。絶対にストライク取りに来るから、人生かけていってます(笑)。絶対にヒット打たないと。3-1から打てと言われると、ボール球も振っちゃって、3-2で三振する。そうすると、なぜ3‐0で打たなかったんだという後悔をしますから」

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」