野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 既存の枠を飛び出して1+1を3や4に広げる――DeNAの新ムーブ発信源「THE BAYS」

既存の枠を飛び出して1+1を3や4に広げる――DeNAの新ムーブ発信源「THE BAYS」

横浜スタジアムを中心とした新しい街づくりに取り組む横浜DeNAベイスターズは、既存の球団の在り方や野球のイメージにとらわれることなく、さまざまな発信を続けている。スポーツの力で街に賑わいを創出することを目的とした「横浜スポーツタウン構想」の下、野球と新たな分野の融合を図る“基地”となっているのが、「THE BAYS(ザ・ベイス)」だ。

DeNAベイスターズで経営・IT戦略部長を務める林裕幸さん(右)と「THE BAYS」の運営を担当する矢野沙織さん【写真:佐藤直子】
DeNAベイスターズで経営・IT戦略部長を務める林裕幸さん(右)と「THE BAYS」の運営を担当する矢野沙織さん【写真:佐藤直子】

「横浜スポーツタウン構想」の具現化を狙う創造性の発信地

 横浜スタジアムを中心とした新しい街づくりに取り組む横浜DeNAベイスターズは、既存の球団の在り方や野球のイメージにとらわれることなく、さまざまな発信を続けている。スポーツの力で街に賑わいを創出することを目的とした「横浜スポーツタウン構想」の下、野球と新たな分野の融合を図る“基地”となっているのが、「THE BAYS(ザ・ベイス)」だ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 横浜スタジアムから道を1本隔てた場所に立つ「THE BAYS」は、市の指定有形文化財である旧関東財務局横浜財務事務所を活用した複合施設。レンガ造りの地下1階・地上4階の建物は、次世代につながるアイディアが集まる場所になっている。1階にはさりげなく野球の心を感じ、日常使いできる商品が揃うLifestyle Shop「+B」と、球団オリジナル醸造のクラフトビールやビールに合うオリジナルフードなどが楽しめるBoulevard Cafe「&9」が入り、地下ではスポーツスタジオ「ACTIVE STYLE CLUB」で実際にヨガやチアスクールなど体を動かせる場所を提供している。平日は朝7時からオープンする「ACTIVE STYLE CLUB」にはランステーションもあり、周辺オフィスに勤務する人々が出勤前や昼休みを利用して、手軽にスポーツに親しめる。

「THE BAYS」の中でも、目を引く異色な取り組みが「CREATIVE SPORTS LAB」と呼ばれるシェアオフィス/コワーキングスペースだ。「Sports×Creative」をテーマに新たな産業を生み出すことを目的とする場所で、5つのブースにはベンチャー企業や大学の研究室などが入り、広いオープンスペースでは法人だけでなく個人会員のクリエイターも作業。自由な発想の場から生まれるつながりやアイディアを生かしながら、新たなムーブを生み出そうという期待とエネルギーが詰まった場所だ。

 DeNA自体がベンチャー企業であり、新たな価値観を創造し、世に送り出そうという意識が強い。ゼロあるいはイチから物を生み出すことは、時には困難も伴う。DeNAベイスターズで経営・IT戦略部長を務める林裕幸さんも、2017年3月のオープン当初は「不安しかありませんでした」と振り返る。

「不安しかない状態からスタートし、約2年を経過した今、安定はしている状態です。でも、このままでいいのか、何かにチャレンジしなくていいのか、という思いは常に持っています。まだまだこれで終わりではない。この先に何が起こせるだろう。いろいろな期待を持ち続けています」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」