野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

バット改良、オフの節制…ヤクルト青木が後輩・田中氏に語った本音【青木宣親・田中浩康対談・前編】

ヤクルト、DeNAでプレーし、昨季限りで現役引退した田中浩康氏が早大時代からの先輩であるヤクルト・青木宣親外野手にインタビューを行い、今季にかける自身のこと、チームのことについて話を聞いた。かつてスワローズで強力な1、2番を組んでいた2人の対談を、前編と後編に分け、お届けする。

バットを改良して今シーズンに挑む青木「日本人よりメジャーの打者のバットの方が軽い」

 青木「そうだね。バットも変えたしね」

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 田中「バット? 変えたのですか?」

 青木「変えた。昨年のバットだと、あれが限界かなと思った。もう少しできるという思いもあった。やっぱりバットってすごく大事だなと感じる」

 田中「言える範囲でいいので、どんなバットなんですか?」

 青木「インディアンスにリンドーアというショートのバッターがいるんだけど、よく対戦した。左右両打で、昨季も40発近く本塁打を打っていて、背丈も俺よりちょっと高いくらい。本当にバランスがいい。こういうバッターがいいなと思って」

 田中「リンドーアはどんなバットを使っていたんですか?」

 青木「そう思って、取り寄せた。そこからの始まりで、使ってみたら、結構、自分に合った」

 田中「今までのタイプとは全然違うのですか?」

 青木「どちらかというと、アメリカの時に使っていたバットと似ているかも。昨年のバットを使っていて、もっと強く打ちたい、もっとヘッドが立つようにしたいなと思った。ヘッドを立てて(投手のボールの強さに)負けないようにしないといけないな、と。その状況を作りたかったから。もともとバットを(新しく)作りたいなと思っていた中、それを使ってみたら、今までよりバットのヘッドが立った」

 田中「形状としてはどのようなものですか?」

 青木「今までに比べると中間が太い感じ」

 田中「金属バットのようなイメージですか?」

 青木「似ているかもしれない。向こうのバッターは結構そういうのを使っている人が多い」

 田中「ヘッドが立ちやすいんですかね?」

 青木「中間の太いものが、立ちやすいかはわからないけど、メジャーのバッターは(先端が)くり抜かれているのが多いね」

 田中「くり抜きの方がヘッド落ちないからですか?」

 青木「そう。重くないからね。重いバットの方が飛ぶというのは間違いだと自分では思っている。メジャーの打者ってボールを遠くまで、飛ばせるでしょ? あれはヘッドが立って、前にバットが伸びる、フォロースルーが出やすいからだと思う。バットが重い方が飛ぶって日本では言われる。当たったら重い方が反発は大きいから、物理的にはバットが重い方が飛ぶとは思う。ただ、パワーというのはヘッドスピードと重さから生まれるものだから、10g重くするのだったら、その分、しっかり強く振れるものを選んだ方が、たぶんボールは飛ぶんじゃないかなと考えた。実は、日本人よりもメジャーのバッターの方が軽いバットを使っているからね」

 田中「えっ!? そうなんですか?」

 青木「あんな屈強なのに。それを知った時は衝撃だった。メジャーで7球団行ったけど、みんなのバットを全部、計ったからね。統計も取ったから、間違いない!」

 田中「へぇー。すごいですね」

 青木「あの時、思った。日本にいた時、910g使っていたのは重すぎたって。チームメートは、みんな800g台だった。880gとか。870gもいる。860gなんている人もいたから驚いたよ。“カラーバット理論”だよね」

 田中「子供が使うカラーバットのことですよね?」

 青木「そう。だって、大人が振ったら、速いでしょ? あの理論。そこまで軽いのはだめだけれど(笑)」

 田中「操作性も上がるし、スイングスピードも上がりますね」

 青木「あれだけ軽かったら、ヘッドが寝るわけない。要はそういうことだと思う」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」