野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「奥川1人に頼ってはいけない」―昨夏サヨナラ被弾の星稜左腕が再び聖地へ

「奥川1人に頼ってはいけない」―昨夏サヨナラ被弾の星稜左腕が再び聖地へ

あのマウンドからはもう半年以上経つが、やはり脳裏にこびりついた残像が自らを奮い立たせる。ドラフト候補右腕・奥川恭伸投手とともに星稜のブルペンを支える左腕・寺沢孝多は、その試合の録画を見返す気持ちにはなかなか、なれなかった。

星稜・寺沢孝多【写真:沢井史】
星稜・寺沢孝多【写真:沢井史】

昨夏は延長タイブレークで13回に満塁弾を浴び試合終了、それ以来の甲子園のマウンドへ

 あのマウンドからはもう半年以上経つが、やはり脳裏にこびりついた残像が自らを奮い立たせる。ドラフト候補右腕・奥川恭伸投手とともに星稜のブルペンを支える左腕・寺沢孝多は、その試合の録画を見返す気持ちにはなかなか、なれなかった。

「やっぱりどこか頭の中で(当時の場面が)出てくるので、家で録画を見てしまいます。見ることで、やってやろうっていう気持ちになります。悔しいのは悔しいですが……」
 
 昨夏の甲子園2回戦の済美戦。延長タイブレークとなった9-11で迎えた13回にサヨナラ満塁ホームランを浴びてゲームセット。その時、マウンドにいた寺沢の悔しい表情は、テレビ映像などで今でも流れることがある。今でこそ冷静に振り返られるようになったが、当時噛みしめた悔しさは今でも忘れられない。

 新チームになって最上級生となり、目指してきたのは“勝てるピッチャー”だ。

「勝てるピッチャーというのは点を取られないピッチャーだと思っています。でも、ピッチャーにも色んなタイプがあるので、自分は制球力とキレで抑えられるようになりたい。そこを見ながらやってきました」

 昨秋はエースの奥川恭伸に次ぐ23回1/3を投げたが、主に中継ぎだった。3失点と数字としては決して悪くはないが、寺沢の中ではどうもしっくり来ない秋だった。

「調子の波が激しくて、良い時と悪い時の差がありました。フォームも不安定だったので、この冬はまずフォームを固めることから始めました」

 リリース時、どうしても左腕が体から離れてしまう傾向があった。ピッチング練習では、いかに体の近くで離せるか。試行錯誤を繰り返しながら最良のフォームを固めていった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」