野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「日本で崇拝されるヒーロー」 地元メディア大特集、米派遣中のハム矢野氏の“今”

「日本で崇拝されるヒーロー」 地元メディア大特集、米派遣中のハム矢野氏の“今”

昨季限りで現役を引退し、日本ハムのチーム統括本部特命コーチとしてレンジャーズに派遣されている矢野謙次氏が、米国で奮闘しているようだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」が、大作の特集記事を掲載。日本時代の経歴も紹介しつつ、矢野コーチの“今”について掘り下げている。

昨季限りで現役を引退した日本ハム・矢野謙次チーム統括本部特命コーチ【写真:石川加奈子】
昨季限りで現役を引退した日本ハム・矢野謙次チーム統括本部特命コーチ【写真:石川加奈子】

日ハムの特命コーチとしてレンジャーズに派遣中「ヤノは日本で、ある種崇拝されるヒーロー」

 昨季限りで現役を引退し、日本ハムのチーム統括本部特命コーチとしてレンジャーズに派遣されている矢野謙次氏が、米国で奮闘しているようだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」が、大作の特集記事を掲載。日本時代の経歴も紹介しつつ、矢野コーチの“今”について掘り下げている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 矢野氏は2002年ドラフト6位で巨人に入団。2015年6月に日本ハムにトレード移籍し、昨季限りで引退すると、チーム統轄本部特命コーチへの就任が発表された。今月からレンジャーズに派遣されており、渡米後にはユニフォーム姿の写真をインスタで投稿。話題となっていた。

 そんな矢野氏について、「ジ・アスレチック」は「コーチングを学ぶためレンジャーズのキャンプに参加中の、日本で崇拝されるヒーローのケンジ・ヤノと出会う」とのタイトルで特集。「レンジャーズファンはケンジ・ヤノという名前にピンと来ないかもしれないが、それもそのはず。彼はテキサスで一度もプレーしたことがない」とした上で、日本時代も主に代打として現役生活を送ったというキャリアを紹介している。

 ただ、巨人でも日本ハムでも、その人気は絶大だった。レンジャーズには、2016年の日本一に貢献したクリス・マーティン投手がいるが、同メディアの取材に対して「とてもクレイジーだよ。アメリカでは代打が登場しても、ファンはさほどリアクションしない。でも、ヤノがネクストバッターズサークルに現れると、ファンの歓声がもの凄いことになるんだ……」と証言している。

 なぜ、矢野氏は日本でそんなに人気があったのか。特集では、その理由も探っている。「ヤノは代打で出場し始めたころは、その役割を望んでいなかった。けれども、代打で活躍し始めるにつれ、それを楽しむようになったと語った」。本人への取材を基に、記事ではこのように言及。「代打の役割は日本の試合において異なった見方がされている」。試合を決める勝負強さは間違いなくファンの支持を得る上で重要な要素だった。ファンを盛り上げる矢野氏の明るさについては触れられていないが「ヤノは日本で、ある種崇拝されるヒーローになった」と表現。さらに、献身的な姿勢も日本のファンの心を打ったのではないかと、推測している。

「なぜそれほどまでにファンと気持ちが通じ合うようになったのかを、彼は未だに理解していない。おそらく、脇役的な役割を受け入れた彼の姿勢を支持していたからであろうと、彼は示唆している。または、彼の怪我からの復帰を応援していたのかもしれない」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」