野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

公式戦デビューの日ハム吉田輝、敵軍から称賛の嵐「武田久さんや岩隈さんのよう」

日本ハムのドラフト1位の吉田輝星投手が19日、ヤクルトとのイースタン本拠地開幕戦(鎌ケ谷)で2軍公式戦デビューした。栗山英樹監督が電撃視察する中、5回から2番手として救援。2回で49球を投げ、1奪三振3四球、2安打1失点だった。直球の最速は146キロだった。

日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】
日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】

2回49球3四球も最速146キロをマーク 15年首位打者「真っ直ぐが吹き上がってくる」

 日本ハムのドラフト1位の吉田輝星投手が19日、ヤクルトとのイースタン本拠地開幕戦(鎌ケ谷)で2軍公式戦デビューした。栗山英樹監督が電撃視察する中、5回から2番手として救援。2回で49球を投げ、1奪三振3四球、2安打1失点だった。直球の最速は146キロだった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2回49球、3四球と制球に苦しんだ。吉田輝は試合後に「課題がたくさん見つかったので、焦ると良くないので1個ずつそれを潰していきたい」と表情を曇らせたが、敵軍はどう見たのか。

 まずは川端慎吾だ。吉田輝とは6回無死満塁で対戦。初球の141キロ直球はボール、2球目の143キロ直球を中犠飛とした。15年に打率.336、195安打を記録して首位打者、最多安打のタイトルを獲得。強打の2番打者としてリーグVに貢献した巧打者が挙げたのは、セーブ王3度、通算167セーブを挙げた日本ハム歴代最強守護神だった。

「パッと思ったのが武田久さんのような真っ直ぐ。(175センチで)身長は大きくありませんが、シュッとくる真っ直ぐのイメージでしたね。高めが吹き上がってくるような感じで、高めの球に気を付けないといけないなと思って打席に入りました。もう少しスピードも上がると思いますし、140キロ後半から150キロにいったら、もっと打ちづらいんだろうなと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」