野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • OP戦個人成績はフレッシュな顔ぶれ 虎新人・木浪が最多22安打、燕塩見12盗塁

OP戦個人成績はフレッシュな顔ぶれ 虎新人・木浪が最多22安打、燕塩見12盗塁

2019年度のオープン戦は24日で全日程終了。各球団が戦力を見極める期間だが、レギュラー争いを目指す若手の躍動が目立った。2月23日に開幕したOP戦のチーム成績、投打の個人成績を見ていきたい。

阪神・木浪聖也とヤクルト・塩見泰隆(左から)【写真:荒川祐史】
阪神・木浪聖也とヤクルト・塩見泰隆(左から)【写真:荒川祐史】

OP戦首位打者は2年目楠本、中日高橋&楽天ブラッシュがトップ15打点

 2019年度のオープン戦は24日で全日程終了。各球団が戦力を見極める期間だが、レギュラー争いを目指す若手の躍動が目立った。2月23日に開幕したOP戦のチーム成績、投打の個人成績を見ていきたい。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

【チーム成績】

1.広島 16試8勝4敗4分 率.667 差–
2.ソフトバンク 15試9勝5敗1分 率.643 差0.0
3.楽天 14試7勝4敗3分 率.636 差0.5
4.巨人 16試10勝6敗0分 率.625 差0.0
5.オリックス 17試9勝6敗2分 率.600 差0.5
6.ロッテ 14試6勝7敗1分 率.462 差2.5
6.DeNA 17試6勝7敗4分 率.462 差2.5
8.ヤクルト 17試7勝9敗1分 率.438 差3.0
8.中日 19試7勝9敗3分 率.438 差3.0
10.西武 15試6勝8敗1分 率.429 差3.0
11.阪神 17試5勝11敗1分 率.313 差5.0
12.日本ハム 13試3勝7敗3分 率.300 差4.0

 昨年の日本シリーズの対戦チームである広島、ソフトバンクが1位、2位。昨季10年ぶりにリーグ優勝した西武は6勝8敗で10位に終わった。阪神は最終週に最下位を脱出、かわって日本ハムが最下位となった。

 次に紹介するのは打撃成績だ。

【打撃部門10傑】

【安打】
1.木浪聖也(神)22
2.塩見泰隆(ヤ)20
2.雄平(ヤ)20
4.楠本泰史(De)19
5.近本光司(神)17
6.秋山翔吾(西)16
6.金子侑司(西)16
6.福田周平(オ)16
9.源田壮亮(西)15
9.頓宮裕真(オ)15
9.高橋周平(中)15

【本塁打】
1.大田泰示(日)5
1.陽岱鋼(巨)5
3.村上宗隆(ヤ)4
3.鈴木誠也(広)4
3.大山悠輔(神)4
6.高橋周平(中)3
6.ブラッシュ(楽)3
6.柳田悠岐(ソ)3
6.横尾俊建(日)3
6.ソト(De)3
6.ビシエド(中)3
6.バレンティン(ヤ)3
6.廣岡大志(ヤ)3
6.ゲレーロ(巨)3
6.坂本勇人(巨)3
6.山川穂高(西)3
6.杉本裕太郎(オ)3
6.バルガス(ロ)3

【打点】
1.高橋周平(中)15
1.ブラッシュ(楽)15
3.鈴木誠也(広)14
4.村上宗隆(ヤ)12
4.西浦颯大(オ)12
6.陽岱鋼(巨)10
6.山川穂高(西)10
6.オコエ瑠偉(楽)10
9.大山悠輔(神)9
9.木村文紀(西)9
9.中村奨吾(ロ)9
9.岡大海(ロ)9
9.木浪聖也(神)9

【盗塁】
1.塩見泰隆(ヤ)12
2.佐野皓大(オ)7
3.近本光司(神)6
4.吉川尚輝(巨)5
5.木村文紀(西)4
5.加藤翔平(ロ)4
5.源田壮亮(西)4
5.大島洋平(中)4
9.西浦颯大(オ)3
9.岡大海(ロ)3
9.金子侑司(西)3
9.秋山翔吾(西)3
9.福田秀平(ソ)3
9.杉谷拳士(日)3
9.田中広輔(広)3
9.田中俊太(巨)3
9.中島卓也(日)3
9.上田剛史(ヤ)3

【打率】(規定打席以上)
1.楠本泰史(De).388
2.塩見泰隆(ヤ).385
3.木浪聖也(神).373
4.島内宏明(楽).359
5.大田泰示(日).342
6.秋山翔吾(西).314
7.丸佳浩(巨).311
8.銀次(楽).308
9.福田周平(オ).296
10.金子侑司(西).291

 安打数で阪神の新人、木浪が1位になった。阪神は同じく新人の近本も17安打で5位。本塁打は、巨人の陽岱鋼がこの週4本塁打で、1位の大田泰示に並んだ。打点では中日の高橋、楽天の新外国人ブラッシュが15打点で1位。盗塁ではヤクルトの塩見が12盗塁と断トツの数字を残した。首位打者はDeNAの楠本。全体的にフレッシュな顔ぶれが並んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」