野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

野球少年に大人気、野球YouTuber・トクサンとは? 力不足と悔しさ知った高校時代 インタビュー【前編】

今や野球少年たちに知らない人がいないと言われる野球YouTuber・トクサン。2016年8月にスタートさせた「トクサンTV」のチャンネル登録は間もなく40万人を突破する勢いで、再生回数は2億3000万回を突破。野球の上達を目指す少年や、草野球を楽しむ選手には必見のチャンネルになっている。

「トクサンTV」で人気を博している野球YouTuber・トクサン【写真:編集部】
「トクサンTV」で人気を博している野球YouTuber・トクサン【写真:編集部】

帝京高で2002年夏の甲子園にベンチ入り、創価大ではリーグ首位打者という経歴の持ち主

 今や野球少年たちに知らない人がいないと言われる野球YouTuber・トクサン。2016年8月にスタートさせた「トクサンTV」のチャンネル登録は間もなく40万人を突破する勢いで、再生回数は2億3000万回を突破。野球の上達を目指す少年や、草野球を楽しむ選手には必見のチャンネルになっている。3月4日に発売された初の著書「超 バッティング講座」は発売即、重版が決まるなど好調。野球の技術も高いトクサンは、どのような人生を歩んできたのか。「トクサンって誰」とまだ知らない野球少年の“お父さん”世代の疑問を前編、後編で解消します。(取材協力・IWA ACADEMY)

 小学校3年生の時から始めたソフトボールでトクサンの野球人生は始まった。地元の軟式野球チームで力を付け、中学3年生の時に甲子園優勝経験のある帝京高校のセレクションを受けることになった。自分の意志というよりも周りの勧めだったそうだが、野球に対する自信もあり、挑戦することにした。

「帝京の前田三夫監督から『3年間、補欠でもいいなら、いいよ』って。本来なら、そう言われても、自信を持ってアピールするものなのですが、同級生に会った瞬間に判断を“間違った”と。同い年に思えないくらいの体のでかさ、自分は160センチくらいで、こんなやつらに会ったことがないという衝撃を受けました。『マジ、終わった……』と思いましたね。プライドはその瞬間に全部捨てて、ボール拾いでも、自分の足を見せようと頑張りました」

 同学年には後にプロに進んだ高市俊(現日本ハム打撃投手)、松本高明、吉田圭(ともに元広島)がいた。他にもプロから注目される選手もいたほど、全国トップレベルの選手がそろっていた。その中で50メートル5秒台の足を生かすために本来、右打ちだが、スイッチヒッターに挑戦。高校2年夏まで帝京での練習後、中学時代の監督の自宅に通い、スポンジボールを約2時間、1000スイング、打ち込んだ。

 3年生が抜け、新チームになった1年秋に代走要員としてベンチ入りすることができた。

「レギュラー以外はどんな選手でも重要視されていなかったんじゃないですかね。元気を出していたのがベンチ入りにつながったのかと。それまで試合にも出ていなかったので、手応えも全然ありませんでした。『あ! メンバー入った。やったー!』という感じでした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」