野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督と中田の“師弟愛” 「赤ちゃんのような純粋さをあいつは持っている」

日本ハムの中田翔内野手は2019年シーズンを最高の形でスタートした。オリックスとの開幕3連戦(札幌ドーム)で9打点を挙げ、チームを2勝1分とカード勝ち越しに導いた。

日本ハム・中田翔(左)、栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・中田翔(左)、栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

開幕カードで9打点を挙げチームの勝利に貢献した4番・中田翔

 日本ハムの中田翔内野手は2019年シーズンを最高の形でスタートした。オリックスとの開幕3連戦(札幌ドーム)で9打点を挙げ、チームを2勝1分とカード勝ち越しに導いた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 3戦合わせて14打数3安打で打率.214。だが、その3安打がいずれもチームを救った。開幕戦の延長10回にサヨナラ満塁弾、2戦目には3回に同点2ランと9回に同点2点適時打で本拠地のファンを熱狂させた。無安打に終わった3戦目も初回の好機に内野ゴロで先制の打点をマークした。

 この活躍を誰よりも喜んだのは栗山英樹監督だった。サヨナラ満塁本塁打を放った翌朝、報道陣から中田の話題を振られると、うれしそうに語った。

「今日もふと思ったけど、俺が監督になってから翔と一緒に歩いているからさ。本当に自分の家族みたいな感じ。翔が悪かったら、俺もすごい責任を感じて『ごめんなさい、みんな』みたいな。そんな感じの選手なんだ」

 監督に就任した12年からチームを背負う4番として起用し続けてきた指揮官は、開幕前の中田についてこんなエピソードも明かした。

「(開幕戦ファン入場時の)ハイタッチ行く時に、すごく緊張しているの。そういう翔のかわいさっていうか。責任を感じて、緊張してドキドキしている翔がいて。(故障から復帰した3月9日阪神とのオープン戦の)甲子園でもね、『緊張してる』って言って、すごいバット振っているの。そういう赤ちゃんのような純粋さをあいつは持っていて、一緒にやっているとそういうものに触れるのよ。みんな、そういうものに惹かれるんだろうね。ファンの人たちも」と愛情たっぷりの言葉が次から次へと口をついた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」