野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神4連敗 開幕6戦11得点と打線低調の中、専門家が挙げる“逆襲”のキーマンは?

阪神は2~4日の巨人との「伝統の一戦」で3連敗を喫した。ヤクルトの開幕カードは2勝1敗と勝ち越したが、これで4連敗に。6試合でリーグ最下位の11得点と打線が苦しんでいる。巨人との3連戦では計25失点と投手陣も崩壊した。

阪神の木浪聖也(左)と近本光司【写真:荒川祐史】
阪神の木浪聖也(左)と近本光司【写真:荒川祐史】

OP戦で大活躍の新人・木浪は未だ無安打も…解説者の野口寿浩氏は「焦らないでやってほしい」

 阪神は2~4日の巨人との「伝統の一戦」で3連敗を喫した。ヤクルトの開幕カードは2勝1敗と勝ち越したが、これで4連敗に。6試合でリーグ最下位の11得点と打線が苦しんでいる。巨人との3連戦では計25失点と投手陣も崩壊した。

 注目が集まっていたドラフト3位・木浪聖也内野手、同1位・近本光司外野手のルーキーコンビは1、2番で開幕戦を迎えたものの、オープン戦のような活躍はならず。オープン戦で打率.373と大暴れした木浪は、巨人3連戦では2試合でスタメンから外れ、打率.000とまだプロ初ヒットは出ていない。5日の試合では8回に代打で登場し、懸命のヘッドスライディングも及ばず二ゴロに倒れた。一方、近本は6試合連続スタメンで打率.208という数字だが、開幕戦では6回に同点タイムリースリーベースを放っている。

 矢野燿大監督は今後、ルーキーコンビの起用法を考え直すべきなのか。それとも、“我慢”すべきなのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「焦らないでやってほしい」と木浪に“アドバイス”を送る。

「近本はオープン戦から頑張ってきたものが、数は少ないですけど(開幕戦などで)結果として表れたことがあったので、普通の状態で野球ができていると思います。ただ、木浪が焦ってしまっているようなので、それさえなければとは感じます。相手投手がエース級、2番手が来てるわけですから。開幕カードの3試合……というか3試合目は途中で代わっているので“2試合半”はしょうがない。切り替えて『もう1回』とやってくれれば、そう遠くないうちに1本は出ます。1本出れば楽になって普通にできるようになるので、焦らないでやってほしい。しっかりと最初の1本、2本が出て、通常通りの落ち着いた感じで野球ができるようになれば、あの2人は大きな戦力だと思いますから」

 そもそも、2人の良さはどこにあるのか。木浪について、野口氏は「バッティングに関しては、うまいという印象ですね」と話す。「バットコントロールが良くて、そこそこの力もある。キャンプ中の一番最初の実戦でホームランを打ちましたが、インコースの難しいボールを見事に打っていました。うまさを持っている。うまいバッティングができる選手なので、なおさら焦らないでほしい。『いつか(ヒットは)出るから』と」。周囲にも本人にも“我慢”が必要だという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」