野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「二刀流」の次は「ショートスターター」…日ハム栗山監督はまた球界を変えるか

日本ハム・栗山英樹監督の先発投手に短いイニングを託す「ショートスターター戦術」が話題となっている。6日の西武戦(東京ドーム)で中3日の加藤貴之を2回無失点でマウンドから降ろすと、通算120勝右腕・金子弌大を2番手として起用。立ち上がりの3回に2四球を与えるなど直球の制球に苦しみ3安打5失点。大敗への流れが決まった。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

ショートスターター戦術は3戦全敗も先発加藤は2試合で計5回無失点

 日本ハム・栗山英樹監督の先発投手に短いイニングを託す「ショートスターター戦術」が話題となっている。6日の西武戦(東京ドーム)で中3日の加藤貴之を2回無失点でマウンドから降ろすと、通算120勝右腕・金子弌大を2番手として起用。立ち上がりの3回に2四球を与えるなど直球の制球に苦しみ3安打5失点。大敗への流れが決まった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 同じ戦術は2、4日の楽天戦でも使った。2日は加藤が3回無失点に抑え、4回からバーベイトがマウンドへ。2人で6回1失点と試合は作ったが、チームは惜敗した。4日は斎藤佑樹が初回3失点と崩れ、2回途中から救援した上原も6回に捕まり3失点。チームは11失点で大敗した。栗山監督が「一番勝ちやすい形は何なのか。どう考えたら選手が輝くのか」と模索する中で編み出した戦術だが、これまでは3戦全敗となっている。

 メジャーではレイズ、アスレチックスなど資金力に欠けるチームが使う「オープナー」に似た戦術で、先発投手が揃っているとは言えないチームにはフィットする。ショートスターターとして先発した加藤は2試合で計5回無失点。「加藤の特長が一番出る形」と栗山監督の狙い通りの投球となったが、問題点も浮き彫りになった。6日試合後の金子弌大の発言が新戦術の難しさを物語っている。

「気持ちも体もコントロールしていかないと、やっぱり投げるコントロールが悪くなってしまう」

「(先発の気持ちでマウンドに上がるかなどが)そこが正直はっきりしないことがある。もちろん長いイニングを投げるつもりでいくんですけど、試合の途中でいくのは事実。もっと自分の中で割り切っていかないといけない」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」