野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

長嶋監督と松井氏、暗闇の中の素振り スイングの音の違いが分かるもう一人の男

巨人・長嶋茂雄終身名誉監督が2日の阪神戦(東京ドーム)を観戦した。約10か月ぶりに公の場に姿を見せた。御前試合で巨人は阪神に快勝。ミスターから大きな力をもらった。

2003年に当時ヤンキースで活躍していた松井秀喜氏のもとを訪れた巨人・長嶋茂雄終身名誉監督【写真:Getty Images】
2003年に当時ヤンキースで活躍していた松井秀喜氏のもとを訪れた巨人・長嶋茂雄終身名誉監督【写真:Getty Images】

巨人で約20年スコアラーを務め、王、藤田、長嶋、原監督に仕えた三井元チーフスコアラー

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督が2日の阪神戦(東京ドーム)を観戦した。約10か月ぶりに公の場に姿を見せた。御前試合で巨人は阪神に快勝。ミスターから大きな力をもらった。

 そんなミスターは数々の記録と記憶に残る言動で野球ファンを楽しませてくれている。1993年の第二次政権では松井秀喜氏に対して「4番1000日計画」と銘打って指導をし、巨人の主砲に育てあげた。松井氏が現役引退会見で一番の思い出を聞かれ「長嶋監督との素振り」と答えるほど、2人は濃密な練習を行っていた。それを近くで見ていた元巨人のスコアラー・三井康浩氏に“暗闇素振り”の秘話を語ってもらった。

 ミスターは自室や遠征先のホテルで松井氏を呼び、マンツーマンで素振りをしていた。それも電気を消し、真っ暗な中で音だけを聞いて、いいスイングか、悪いスイングかを判断していたというのは有名な話だ。メジャー移籍後は国際電話で長嶋監督が松井氏のスイングの音をチェックしたこともあった。スイングを見るのではなく、音を聞く。松井氏だけでなく、周りにいた人間も驚いた練習方法だった。

 この暗闇の中の素振り。2人だけではない時があったという。元スコアラーの三井氏は当時の長嶋監督に何度か暗闇の部屋に呼ばれたことがある。

「長嶋さんがミーティング前に1時間、ミーティングルームを真っ暗にして松井選手と2人きりで素振りをやっていました。ある時、『お前も来て、音を聞いておけ』と言われまして……」

 最初は全く違いがわからなかった。聞いても、聞いてもわからなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」