野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【豊田清の目】開幕3連敗→3連勝…菊池移籍で不安の西武投手陣に見えた光と課題

開幕3連敗と出鼻をくじかれた西武だったが、5カードを終えて7勝7敗と勝率を5割に戻した。西武で13年プレー、その後、巨人、広島に移籍し、昨年まで巨人の投手コーチを務めていた野球解説者の豊田清氏は主戦3投手以上に、“裏ローテ”を担った投手陣を高く評価。これまでの戦いぶりと西武の上位浮上のカギを探った。

西武・巨人・広島でプレーした豊田清氏【写真:荒川祐史】
西武・巨人・広島でプレーした豊田清氏【写真:荒川祐史】

ニール、武隈、本田の奮投 本田は敵軍ながら「昨年からいい投手だと思って見ていた」

 開幕3連敗と出鼻をくじかれた西武だったが、5カードを終えて7勝7敗と勝率を5割に戻した。西武で13年プレー、その後、巨人、広島に移籍し、昨年まで巨人の投手コーチを務めていた野球解説者の豊田清氏は主戦3投手以上に、“裏ローテ”を担った投手陣を高く評価。これまでの戦いぶりと西武の上位浮上のカギを探った。

 西武は敵地・ソフトバンクにエース・多和田、今井、高橋光をぶつけたが、3連敗を喫した。米大リーグ・マリナーズに移籍した菊池の存在の大きさを痛感したが、2カード目の本拠地・ロッテ戦では“裏ローテ”ともいえる3人が力投。ニールが6回途中2失点、武隈が5回3失点、本田が7回途中4失点でそれぞれに白星がつき、3連勝を飾った。ニールは来日初勝利、武隈は7年ぶり先発勝利、本田は4年目でうれしいプロ初勝利を挙げた。

 ニールは3月19日のロッテとのオープン戦(メットライフ)では5回10安打7失点4四球だった。豊田氏はこの試合をチェックし、ひとつの疑問を感じていた。

「制球力がいいと聞いていたのですが、全くボールをコントロールできていませんでした。ストライクは甘いし、両コーナーにボールが来ていませんでした。打者に見極められて4つの四球。甘い球は打たれる……。悪い内容の典型でした。2カード目にロッテと当たるので、“大丈夫かな”という感じはしていました」

 その後、溜まった疲れから、足を痛めてしまい、ニールは本隊を離れて、調整。豊田氏はピッチング練習を見に行った。そこで疑問は解消されたという。

「コントロールがすごくよかったです。本拠地のマウンドの感覚はつかんでいますから、次はしっかり投げられるのではないかと思いました。外国人投手ですから、クイックや牽制について本人はコーチから言われていたと思います。オープン戦の時はクイックがすごく早いな、と感じました。それで、自分のペースを崩していました。開幕してからはクイックをオープン戦より早くなく、バッターに集中をしていましたね」

 シーズン前に一度、メットライフドームのマウンドを踏み、修正できたことは大きかった。ただ、課題は残る。5-0のリードの6回にヒットと死球で走者を許すと、重盗を決められ、その後に2失点。2登板目の楽天戦(大宮)、盗塁こそ許さなかったが、6回途中7失点と精彩を欠いた。

「バッターに集中をしている分、簡単に盗塁をされたりしていますが、ちょっと直せばもっとよくなると思います。ニール投手はどちらかといえばどんどんストライクを投げ込むタイプ。速い球を持っているのならば、巨人にいたマイコラス投手のようにどんどん攻めて行けと言えますが、ニール投手の場合は、試合をしっかりと作れるかどうかが信用につながってくいくと思います」

 登録抹消になったが、武隈も度胸のある投球でロッテ戦は試合を作った。ニール、武隈で勝った開幕2カード目の試合が、西武の勝ちパターンの一つになることを示している。

「武隈投手も元々リリーフですが、一人一人をしっかりと打ち取るという丁寧な投球で5回まで投げました。西武は打線が強力ですから、我慢していれば、絶対、点を取ってくれるチームです。9回を3点に抑えよう、という気持ちではなく、4点、5点でもいい、ビッグイニングさえ相手に作らせないようにしようという気持ちを持つことが大事かなと思います」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」