野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ストライクゾーンで勝負」―無四球完封のロッテ涌井、西武戦で得た“気づき”

投打がかみ合わず4連敗中だったロッテ。負の流れを止めたのは今季からエースナンバーを背負うベテラン右腕の投球だった。

ロッテ・涌井秀章【写真:荒川祐史】
ロッテ・涌井秀章【写真:荒川祐史】

チームの連敗を止める快投劇「どうせランナーを出すのなら、四球よりヒットの方がいい」

■ロッテ 6-0 ソフトバンク(16日・ZOZOマリン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 投打がかみ合わず4連敗中だったロッテ。負の流れを止めたのは今季からエースナンバーを背負うベテラン右腕の投球だった。

 16日から首位ソフトバンクとのホーム3連戦を迎えたロッテ。その初戦を任された涌井は初回、いきなり1番・牧原に安打を許した。しかし、相手の走塁ミスもあり無失点で終えると、それ以降は低めの直球を中心にソフトバンク打線を9回2安打無失点。終わってみれば、自身9年ぶりの無四球完封でチームに勝利を呼び込んだ。

 完封劇の布石は今季初登板となった4月2日の西武戦での“気づき”にあったと涌井は言う。

「最初の西武戦の時に、コースを狙ってカウントが不利になることが結構あったので、前回から『どうせランナーを出すのなら、四球よりヒットの方がいい』と、昔に戻ってストライクゾーンで勝負するっていうことを前回(4月9日・オリックス戦)も、今日もできていた」

「ストライクゾーンで勝負する――」

 西武、そしてロッテのエースとしてチームを牽引し続けてきたプロ15年目右腕が、古巣・西武との試合で自らの投球の原点に立ち返るきっかけを得ていた。

 好投の要因はもう一つ。「真っ直ぐのキレが非常に良かった」と井口監督が評価したストレートだ。「ストレートを低めに投げられたっていうのが好投の一番の要因だと思います」。涌井自身もこの日最速146キロを記録した直球を“勝因”に挙げていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」