野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人菅野、進化し続ける最強右腕 史上148人目、球団16人目の通算1000奪三振の価値

巨人菅野、進化し続ける最強右腕 史上148人目、球団16人目の通算1000奪三振の価値

巨人の菅野智之は、5月1日の中日戦で、1000奪三振を記録した。史上148人目だからそれほど珍しい記録ではないが、先発投手にとっては一つの節目となる記録だ。1000奪三振は球団では16人目だ。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

1日の中日戦で史上148人目の通算1000奪三振を達成

 巨人の菅野智之は、5月1日の中日戦で、1000奪三振を記録した。史上148人目だからそれほど珍しい記録ではないが、先発投手にとっては一つの節目となる記録だ。1000奪三振は球団では16人目だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

○巨人奪三振20傑 K9は、奪三振率。9イニング当たりの奪三振数。

1槙原寛己 2111奪三振2485回 K9/7.65
2桑田真澄 1980奪三振2761.2回 K9/6.45
3堀内恒夫 1865奪三振3045回 K9/5.51
4斎藤雅樹 1707奪三振2375.2回 K9/6.47
5中尾碩志 1597奪三振3057回 K9/4.70
6内海哲也 1496奪三振1969回 K9/6.84
7上原浩治 1400奪三振1583.2回 K9/7.96
8別所毅彦 1372奪三振2925.2回 K9/4.22
9江川卓 1366奪三振1857.1回 K9/6.62
10高橋一三 1364奪三振1766.2回 K9/6.95
11V.スタルヒン 1225奪三振2245回 K9/4.91
12新浦寿夫 1182奪三振1443.2回 K9/7.37
13藤本英雄 1100奪三振2353.1回 K9/4.21
14加藤初 1065奪三振1498.1回 K9/6.40
15高橋尚成 1032奪三振1289回 K9/7.21
16菅野智之 1002奪三振1128.1回 K9/7.99
17西本聖 985奪三振2075.1回 K9/4.27
18宮本和知 967奪三振1198回 K9/7.26
19大友工 934奪三振1571.1回 K9/5.35
20城之内邦雄 927奪三振1966.2回 K9/4.24

 巨人の最多勝投手は通算221勝の別所毅彦だが、奪三振は歴代8位の1372、昭和中期までの投手のK9は5.0前後だったのだ。昭和末期から平成になって奪三振率は上昇した。速球、カーブに加え、フォークなど空振りを奪える球種を多用するようになったからだ。歴代1位は勝利数は159勝で通算8位の槙原寛己だ。K9は7.65。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」