野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

未勝利のロッテ石川が8回118球を投げたワケ 吉井コーチが明かした意図とは…

ロッテ・石川歩投手が、5日の日本ハム戦で今季5試合目の先発登板。今季最長となる8回118球を投げるも打線の援護なく、初勝利には届かなかった。

ロッテ・石川歩【写真:荒川祐史】
ロッテ・石川歩【写真:荒川祐史】

8回4失点の力投も今季初勝利には届かず、本人は「2回の失点したところだけ」

■日本ハム 4-1 ロッテ(5日・ZOZOマリン)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 ロッテ・石川歩投手が、5日の日本ハム戦で今季5試合目の先発登板。今季最長となる8回118球を投げるも打線の援護なく、初勝利には届かなかった。

 いまだ今季未勝利のロッテ開幕投手・石川。初回はこの日の最速150キロの速球を中心に、日本ハム打線を無失点で抑える上々の立ち上がりを見せる。しかし2回。先頭打者の5番・田中に初球144キロを中前に運ばれると、続く渡邉には追い込んでからのシンカーが真ん中に入り連打を許す。7番・平沼の犠打は捕手の田村が三塁封殺を狙ったが実らず、犠打野選で無死満塁のピンチを招いた。

 8番・中島を内角の直球で空振り三振に切って取り1アウト。9番・清水は併殺網にかけるべく、狙い通り低めの変化球を引っかけさせたが、打球は高く弾み併殺はとれず1点を失うと、続く1番・西川には2ボールと打者有利なカウントから投じた外角のツーシームを捉えられ、左越えの2点適時二塁打で一気に3失点。「2回の失点したところだけですね」と、先制を許したこの回の投球を悔やんだ。

 しかし、3回以降は6回まで日本ハム打線を1安打に抑える好投。打線の援護なく、今季初勝利はまたもお預けとなったが「あそこ(2回)以外は良かったと思う」と、今季最長の8回118球で4失点だったこの日の投球を振り返った。

 今季の石川は、ここまで4試合で球数は開幕戦の106球、イニングは4月21日の日本ハム戦の6回(87球2失点)が最長だった。この日は、4点目を与えた7回終了時点で101球。腰痛から復帰の過程を踏んでいる中での投球ということもあり、7回終了での降板かとも思われたが、8回も続投し球数も今季最多の118球を投げることとなった。これにはロッテベンチの明確な意図があった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」