野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 「給料支払われた?」が挨拶代わり…元DeNA久保康友、過酷な環境で奮闘中

「給料支払われた?」が挨拶代わり…元DeNA久保康友、過酷な環境で奮闘中

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が4日(日本時間5日)、本拠地レオンで行われたヘネラレス・デ・ドゥランゴ戦に先発し、今季最長となる8回1/3を投げたが、勝ち負けは付かず、3勝目はお預けとなった。10安打5失点(自責4)、9奪三振。試合は延長10回、ブラボスが6-5でサヨナラ勝ちを収め、2連勝で11勝15敗。南地区単独4位となった。

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】
メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】

8回5失点9Kの力投も3勝目はならず、チームは2連勝「勝ててよかった」

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が4日(日本時間5日)、本拠地レオンで行われたヘネラレス・デ・ドゥランゴ戦に先発し、今季最長となる8回1/3を投げたが、勝ち負けは付かず、3勝目はお預けとなった。10安打5失点(自責4)、9奪三振。試合は延長10回、ブラボスが6-5でサヨナラ勝ちを収め、2連勝で11勝15敗。南地区単独4位となった。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 粘りの投球だった。久保は3回、四球と2本の適時打で2点を先制されると、7回、8回にもソロ本塁打を浴び、0-4。だが8回、ようやく味方の打線が4点を奪い、同点に追いついて9回に突入。続投を志願した久保は1死から右前打と四球を許したところで元巨人の抑え、マニー・アコスタ投手にマウンドを譲った。

 アコスタはその後、内野の失策の間に1点を失ったが、その裏、レオンは同点に追いつき、久保の黒星が消えると、延長10回にサヨナラ勝ち。アコスタが今季3勝目を挙げた。今季最多117球を投げた久保は「今日は完投するつもりだった。2本の本塁打のうち、1本は制球ミス。1本はコースは悪くなかったが、相手に上手く打たれた。なかなか打線の援護がもらえなかったが、最後はチームが勝ててよかった」と、サヨナラ勝ちを喜んだ。

 リリーフとして登板した本拠地での4月30日のレオネス・デ・ユカタン戦から中3日での登板。前回の先発後、不安のあるリリーフ陣を助けるため、ブルペンでの調整代わりに、先発と先発の合間に中継ぎとして登板することを監督から依頼されていた久保。海抜0メートルのカンクンから海抜約1800メートルのレオンに戻って行われたレオネス戦では救援に失敗していたが、その後、2度ブルペン入りして高地仕様へと調整していた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」