野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 元DeNA久保康友、今季最短4回途中8失点KO 元広島ロサリオを抑えられず…

元DeNA久保康友、今季最短4回途中8失点KO 元広島ロサリオを抑えられず…

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が10日(日本時間11日)、敵地で行われたサラペロス・デ・サルティージョ戦に先発し、今季最短となる3回2/3でKO。サルティージョの4番、元広島のドミニカ共和国人、ライネル・ロサリオ外野手を抑えることができず、12安打8失点で3敗目を喫した。

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】
メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】

3回2/3でKOされ3敗目、“極寒”のバス移動による体調不良も響く

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が10日(日本時間11日)、敵地で行われたサラペロス・デ・サルティージョ戦に先発し、今季最短となる3回2/3でKO。サルティージョの4番、元広島のドミニカ共和国人、ライネル・ロサリオ外野手を抑えることができず、12安打8失点で3敗目を喫した。試合は6-14でレオンが敗れ、3連敗で12勝19敗となった。順位は南地区4位タイをキープした。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「今日はコントロールミスが多かった。本塁打は内角いっぱいの球をうまく打たれた」

 初回、2回は得点圏に走者を進めながらも、無失点で切り抜けたが、3回に捕まった。先頭の2番の左打者に右翼線への同点ソロを浴びると、その後、4安打を許し、計5失点。4回にも4安打で3点を失い、今季ワーストの8失点で無念の降板となった。相手の4番ロサリオは3打数3安打2得点。日本でも対戦歴がある相手を封じることはできなかった。

 体調が万全でない中での登板だった。チームはこの日朝、前日まで滞在していたトレオンからサルティージョまでバスで約3時間掛けて移動。メキシコではバスの車内は冷房の効きすぎで極寒となることが多いが、厚手の長袖を用意し、運転手に温度調節を頼んでいた久保も、その甲斐もなく洗礼を浴びる形となり、体調を崩していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」