野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平が後継者 ベーブ・ルース記念館館長が太鼓判「彼は本物。最も近い存在」

米メリーランド州ボルティモアにあるベーブ・ルース記念館のショーン・ハーン館長が10日(日本時間11日)、Full-Countの取材に応じ、エンゼルス・大谷翔平投手の二刀流としての成功に太鼓判を押した。2004年から同記念館の館長を務める同氏は、「二刀流として誰かが成功するとしたら、それは彼。私は彼が離脱前のようなパフォーマンスを見せてくれると思います」とエールを送りつつ、「彼は本物。恐らく最もフィールド上でのベーブ・ルースに近い存在だと思います」と後継者に指名した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ベーブ・ルース記念館のハーン館長が大谷へ熱いメッセージ「二刀流として成功するとしたら彼」

 米メリーランド州ボルティモアにあるベーブ・ルース記念館のショーン・ハーン館長が10日(日本時間11日)、Full-Countの取材に応じ、エンゼルス・大谷翔平投手の二刀流としての成功に太鼓判を押した。2004年から同記念館の館長を務める同氏は、「二刀流として誰かが成功するとしたら、それは彼。私は彼が離脱前のようなパフォーマンスを見せてくれると思います」とエールを送りつつ、「彼は本物。恐らく最もフィールド上でのベーブ・ルースに近い存在だと思います」と後継者に指名した。

 ベーブ・ルース記念館はボルティモア出身の野球の神様ベーブ・ルースの生家。オリオールズの本拠地オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズから徒歩10分圏内にあり、現役当時の貴重な写真や愛用品の数々が展示されている。

 大谷はメジャー1年目の昨季、投手で4勝2敗、防御率3.31。打者では打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁をマークした。同一シーズンに4勝&15本塁打を達成したのは1919年のベーブ・ルース以来99年ぶり、とシーズン中に最も比較されたのはルースだった。二刀流・大谷の登場で蘇るルースの偉業の数々――。同館長は熱い口調で切り出した。

「ベーブ・ルースファンなら誰でもショウヘイ・オオタニのことを本当に本当に喜んでいると思います。彼は運動能力が高いだけでなく、プレッシャーにも対応できます。投手と打者としての両方の能力を持っています。彼は(ルースのような)スタイルと美しさを持っていると何度も示してきました。ベーブ・ルースの娘は彼がアメリカにやって来た時にワクワクしていました」

 大谷は昨年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を受け、5月7日の敵地タイガース戦で打者として復帰。今季は打者1本でシーズンに臨む一方、投手復帰へ向けたリハビリを続けている。これまで前例のないリハビリとなっているが、同館長は打者としての今季の成功を確信している。世界中のメディアから「ベーブ・ルースの再来」と注目される中で結果を残してきたからだ。

「彼を見てきた人なら皆、手術を受けたことで少し慎重になると思います。しかし、私は彼が治療とリハビリに関して正しいことをしたと思いますし、時間が経てば、彼は間違いなく以前の姿を取り戻すことができると思います。彼は最初アメリカに来た時からメディアのプレッシャーにも上手く対応しているように思います。アメリカでもう少し時間を過ごして経験をつめば、アメリカのメディアにもより対応しやすくなるでしょう。彼は活躍すると思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」