野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 「去年みたいに悔しい思いはしません」DeNA2年目外野手が明かす必死な思い

「去年みたいに悔しい思いはしません」DeNA2年目外野手が明かす必死な思い

花咲徳栄高から東北福祉大、そしてDeNA入り――。傍から見れば、野球のエリート街道を歩んできたが、2年目外野手・楠本泰史は自身について「本当に力量があるスター選手ではない」と話す。ルーキーイヤーから2年連続で開幕1軍を勝ち取っても、その事実で自信が増すことはない。楠本の胸の内にあるのは「必死で食らいついくしかない」という思いだけだ。

取材に応じたDeNA・楠本泰史【写真:松橋晶子】
取材に応じたDeNA・楠本泰史【写真:松橋晶子】

2年連続で開幕1軍の楠本泰史、1年目に得た手応えは「1つもありませんでした」

 花咲徳栄高から東北福祉大、そしてDeNA入り――。傍から見れば、野球のエリート街道を歩んできたが、2年目外野手・楠本泰史は自身について「本当に力量があるスター選手ではない」と話す。ルーキーイヤーから2年連続で開幕1軍を勝ち取っても、その事実で自信が増すことはない。楠本の胸の内にあるのは「必死で食らいついくしかない」という思いだけだ。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 中学時代には日本リトルシニア野球選手権大会で優勝し、花咲徳栄高では3年春に選抜出場。東北福祉大では1年生からレギュラーとなり、首位打者、本塁打王、打点王にも輝いた。侍ジャパン大学代表にたびたび選出された才能を持つが、プロ1年目だった昨季は「手応えは正直なくて、何が上手くいったとか、これが通用するんだろうなって思った部分は1つもありませんでした」と振り返る。

「プロの世界に1年でも長くいらっしゃる方は全員が先輩。全員が自分より野球が上手いと思っているので、
そういう人たちに勝つには並大抵の努力や浅はかな考えではいけないと分かって入ったつもりだったんです。それでも、野球の技術や精神面、全ての面において、まだまだ力足らずだなと感じる毎日で、本当に必死でその差を埋めることに精一杯でした」

 2018年は開幕戦に代打として1軍デビューしたが、4月15日にはファーム降格。その後は1軍とファームの行き来を繰り返した。「毎回毎回ファームに行くたびに本当に悔しい思いをした1年だった」というが、同時に野球と真摯に向き合う時間も過ごした。

「今までこんなに野球について考えながら毎日を送っていたかなって思うくらい、常に野球のことを考えながら生活していました。休みの日でも頭を使ってしまう。学生の時も考えることはありましたけど、本当に頭を悩ませる経験は初めて。でも、これを乗り越えないと1軍では活躍できない。今、1軍で活躍されている方もこれを乗り越えてきた。野球で生活していくんだって自分で腹を括ったんだったら、野球としっかり向き合っていこうと思ったんです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」