野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト2年目村上は球団第107代の4番打者 出るか4番“初安打”“初本塁打”

ヤクルトの2年目、村上宗隆は5月12日の東京ドーム、巨人戦で初めて4番で先発した。主軸のバレンティンが故障で離脱する中、今季すでに10本塁打を打った打撃を買われての抜擢だった。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

5月12日の巨人戦で4番に起用された高卒2年目の村上

 ヤクルトの2年目、村上宗隆は5月12日の東京ドーム、巨人戦で初めて4番で先発した。主軸のバレンティンが故障で離脱する中、今季すでに10本塁打を打った打撃を買われての抜擢だった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1950年に国鉄スワローズとして創設されたヤクルトは、今季で70シーズン目を迎えるが、スタメンの4番打者は、村上が107代目だ。

 初代の4番打者は1950年の開幕戦である3月10日、下関球場の大洋(現DeNA)戦に4番中堅でスタメン出場した久保吾一。専修大学、明電舎を経て入団した26歳だった。久保はプロのキャリアで本塁打を記録しないままに引退した。

 2000年2月2日生まれの村上は、4番に座った時点で19歳3か月と10日、これは、町田行彦(12代 1934年3月18日生まれ、初4番・1953年7月12日)の19歳3か月と25日を上回る球団史上最年少記録。10代の4番はこの2人だけだ。町田は長野北高校を卒業して2年目。1955年には31本塁打で本塁打王になった。これはスワローズ史上初めての打撃タイトルだった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」