野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ榊原、凱旋登板で7回2失点の好投で2勝目! 「千葉県、最高!」「キターー!」

オリックス育成出身3年目右腕・榊原翼投手が15日のロッテ戦に先発。7回6安打2失点の好投で、今季2勝目を挙げた。千葉・銚子市出身の右腕にとって、自身初となる地元凱旋の先発マウンドとなった。

オリックス・榊原翼【写真:荒川祐史】
オリックス・榊原翼【写真:荒川祐史】

千葉・銚子出身の榊原はZOZOマリンで凱旋登板

■オリックス 3-2 ロッテ(15日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 オリックス育成出身3年目右腕・榊原翼投手が15日のロッテ戦に先発。7回6安打2失点の好投で、今季2勝目を挙げた。千葉・銚子市出身の右腕にとって、自身初となる地元凱旋の先発マウンドとなった。

「最初はやはり力みました」という初回。打撃好調の1番荻野に遊撃内野安打で出塁を許してしまう。その荻野を盗塁と自身の暴投で三塁に進めてしまい、鈴木の内野ゴロで先制点を与えてしまった榊原だが「その1点だけで打ち取れてよかったです」と、不安視される立ち上がりを最少失点で切り抜けた。西村監督も「最初の頃よりかは安定してきたんじゃないかな」と、初回の内容を評価する。

 課題の立ち上がりを無難にスタートさせたことで、徐々に投球にリズムが出始めた榊原。プロ初となる“地元”ZOZOマリンのマウンドは「もっと風があると思ったのですが、投げにくさはなかった」と、心地よい程度の地元の風を感じながら、その後は6回までを2安打。4回から6回までは打者9人を完璧に抑える好投で、ロッテ打線に付け入る隙を与えない好投を見せると、打線が3回に、打者転向2年目の俊足・佐野が内野ゴロの間に同点のホームイン。そして6回には、今季ここまで打点のなかった6番マレーロが勝ち越し適時二塁打を放った。

 打線が勝ち越した直後の7回。6回まで89球の榊原は当然ようにマウンドへ。しかし、先頭打者4番井上に9試合連続安打となる左前安打で出塁を許すと、続くレアードにも左翼線を破られ、井上は一気に三塁へ。打者走者レアードは中継に入った遊撃大城の好判断で二塁封殺したものの、1死三塁のピンチ。不調の6番中村は打ち取ったものの7番清田には「甘く入ってしまった」という、真ん中高めの直球を中前に痛打され、三塁走者が生還。2-2と同点に追いつかれてしまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」