野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「だから彼は成功する」―元女房役マルドナード、試合後に溢れる“大谷愛”明かす

「だから彼は成功する」―元女房役マルドナード、試合後に溢れる“大谷愛”明かす

エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、復帰後初の本拠地での試合となったロイヤルズ戦に「3番・DH」で4試合連続スタメン出場。4打数1安打で5試合連続ヒットを記録し、エンゼルスは5-2で勝利して連敗を「2」で止めた。大谷と久々に再会した元女房役の相手正捕手マーティン・マルドナードは、試合後に溢れんばかりの“大谷愛”を明かした。

ロイヤルズのマーティン・マルドナード【写真:Getty Images】
ロイヤルズのマーティン・マルドナード【写真:Getty Images】

ロイヤルズ正捕手として古巣と対戦、試合後に大谷について語る「去年見た彼と一緒だった」

■エンゼルス 5-2 ロイヤルズ(日本時間18日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、復帰後初の本拠地での試合となったロイヤルズ戦に「3番・DH」で4試合連続スタメン出場。4打数1安打で5試合連続ヒットを記録し、エンゼルスは5-2で勝利して連敗を「2」で止めた。大谷と久々に再会した元女房役の相手正捕手マーティン・マルドナードは、試合後に溢れんばかりの“大谷愛”を明かした。

 復帰後初めてエンゼルスタジアムに戻ってきた大谷は、第1打席は空振り三振、第2打席は遊直とマルドナードがリードする右腕ケラーに抑えられた。しかし、4点リードの5回無死一塁で迎えた第3打席では93マイル(約150キロ)の直球を捉えて中前打。7回無死一塁で迎えた第4打席では、救援右腕バーロウのカーブに見逃し三振に倒れたものの、チームは5-2で勝利した。

 大谷は試合前、昨年7月までエンゼルスに所属していたロイヤルズのマルドナードと再会。2人がハグを交わす動画をエンゼルス公式ツイッターも公開した。離れてからも絆は変わらない様子で、大谷は試合後に「試合前も楽しく話せましたし、久しぶりに会えて良かったなと思います」と話し、マルドナードが今も気にかけてくれていることに「嬉しいですね。友達として」と本音を明かした。

 一方、マルドナードは試合後に溢れんばかりの“大谷愛”を報道陣に語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」