野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季は犠打「0」で首位打者射程 ホークス今宮健太の“大モデルチェンジ”

ソフトバンクの今宮健太は、ゴールデングラブ5回のパ・リーグを代表する遊撃手。昨年までは、「つなぐ打者」であり、犠打を量産していたが、今季はまだ犠打は「0」だ。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

史上7人目の300犠打に「8」も…今季は犠打が1度もなし

 ソフトバンクの今宮健太は、ゴールデングラブ5回のパ・リーグを代表する遊撃手。昨年までは、「つなぐ打者」であり、犠打を量産していたが、今季はまだ犠打は「0」だ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○NPBの通算犠打ランキング ※は現役

1 川相昌弘 533犠打(1984-2006)
2 平野謙 451犠打(1981-1996)
3 宮本慎也 408犠打(1995-2013)
4 伊東勤 305犠打(1982-2003)
5 田中浩康 302犠打(2005-2018)
6 新井宏昌 300犠打(1975-1992)
7 細川亨 294犠打(2002-2018)※
8 金子誠 292犠打(1995-2014)
8 今宮健太 292犠打(2011-2019)※

 現役ではロッテの細川亨が上にいるが、今季出場なし。今宮は2013、14、15、17年にリーグ最多犠打を記録。50犠打以上を3回記録するなど、ハイペースで量産しており、今季中にも4位の伊東勤を抜いて史上4位になるのは確実と思われた。

 しかし、今季は犠打は一度も記録していない。今年は役割がガラッと変わっったのだ。

○2017、18、19年の今宮の打順別出場試合と犠打

【2017年】
1番 19試合 2犠打
2番 117試合 50犠打

【2018年】
1番 9試合 2犠打
2番 48試合 16犠打
7番 4試合 1犠打
8番 12試合 1犠打
9番 13試合 2犠打

【2019年】
2番 18試合 0犠打
3番 23試合 0犠打

 昨年までの今宮は2番を打つことが多かった。2番の役割は「つなぐ」こと。犠打も非常に多かった。今宮は当代屈指のバントの名手であり、犠打の成功率も高かった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」