野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「お前はプロ野球をなめている」ヤクルト梅野に突き刺さった指揮官のゲキ

5月17日のこと。約1週間ぶりに神宮球場へ戻ってきたヤクルトで、私がどうしても話を聞きたかった選手がいた。3年目の右腕・梅野雄吾投手だ。

ヤクルト・梅野雄吾【写真:荒川祐史】
ヤクルト・梅野雄吾【写真:荒川祐史】

守護神・石山に代わり、クローザーを任されるようになった3年目の梅野

 5月17日のこと。約1週間ぶりに神宮球場へ戻ってきたヤクルトで、私がどうしても話を聞きたかった選手がいた。3年目の右腕・梅野雄吾投手だ。

【動画】ヤクルトファンが待ち望むドリームマッチ 往年の名選手が揃う中「絶対に見たい」ライター注目の投手は?

 梅野投手は石山投手の戦線離脱で、5月6日の阪神戦から代役ストッパーを務め、現在3セーブを挙げている。代役初登板の翌7日、ヤクルト・小川監督が「梅野投手は、這い上がる強さを持っている」「野球が上手くなりたいという気持ちを強く感じる」と力強く話していたのが印象的だったからだ。

 それに5月15日の敵地・広島戦で9回に4失点し、同点に追いつかれ、サヨナラ負けのきっかけを作ってしまった。テレビで見ていた私は、あの4失点は梅野投手にとって、今後のスワローズを支える上で“必要な経験”だったのではないかと思っていた。

 練習に向かうため、クラブハウスから出てきた梅野投手を待った。

「切り替えて、同じ失敗は繰り返さないようにしないといけませんね」

 反省しつつも、その口調と表情からは清々しさを感じた。

 小川監督が先日、話していたことを伝えると

「負けず嫌いなんで!」

 と返ってきた。プロはみんなそうだが、相当な悔しさが梅野の今を支えていた。

 昨年5月、1軍で結果を残せず、梅野は出場選手登録を抹消された。その時小川監督に厳しい言葉をかけられている。

「今のお前じゃ使えない。今の段階で自信があるだろうけど、お前の自信はプロ野球では通用しない。練習態度、雰囲気、プロ野球をなめている」

 プロ野球をなめている――。

 ファームに落とされた梅野を高津2軍監督は抑えで使い、梅野は自ら成績を残し再び1軍へ上がってきた。

 上がってきた時、小川監督は、負けず嫌いな性格を分かった上で梅野にこう言葉をかけた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」