野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ“新勝利の方程式”に入る3年目右腕の決意 「CS、日本シリーズを経験したい」

5月20日現在、リリーフ防御率2.69とリーグトップを誇るロッテ。その中でシーズン途中から勝利の方程式の一角を任されているのがプロ3年目の右腕・酒居知史投手だ。

ロッテ・酒居知史【写真:荒川祐史】
ロッテ・酒居知史【写真:荒川祐史】

ロッテのリリーフ防御率はリーグトップの2.69をマーク

 5月20日現在、リリーフ防御率2.69とリーグトップを誇るロッテ。その中でシーズン途中から勝利の方程式の一角を任されているのがプロ3年目の右腕・酒居知史投手だ。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 昨年は1軍15試合中、14試合で先発登板したが今年からリリーフ専任となった酒居。「先発と中継ぎ、どちらをやるかっていうのもあったんですが、去年秋のキャンプぐらいから『(2019年は)中継ぎで』というニュアンスはコーチの方からもありました。(11月の)台湾遠征でも3試合ともクローザーをやっていましたし、(オーストラリアでの)ウィンターリーグでも結局1か月ずっとクローザーだったので、完全に頭の中は中継ぎだった」と、シーズン前からリリーフとして投げる決意は固まっていた。

 プロ野球史上初となる“開幕戦1球勝利”でスタートした2019年シーズン。当初の役割はビハインドゲームのロングリリーフだった。「リリーフをやるならいい場面で投げたいと思っていましたが、どんな場面でもやれることは一緒だなと思いながら投げていました」という。オープン戦とシーズン序盤の投球を見た首脳陣は、そんな彼を勝ちパターンの一角に組み込むと決断。「実際そういういいところで投げさせてもらっているのは、すごくモチュベーションになっている」と、その表情は充実感に満ちている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」