野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「男から見ても魅力的」「別格」タイガーマスクが熱弁する原辰徳の“魅力”【第1弾】

プロ野球、いや読売ジャイアンツ、いや原辰徳を愛して止まない人物がいる。新日本プロレスが誇る屈指の人気レスラー、タイガーマスクだ。現在、新日本が誇る初夏の風物詩「ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア(スーパーJr.)」に18年連続18度目の出場を果たしているマスクマンは、年の離れた20代の選手を相手に、ジュニアヘビー級戦士の頂点に立つべく奮闘している。

タイガーマスクが原辰徳監督の魅力を語る【写真:荒川祐史】
タイガーマスクが原辰徳監督の魅力を語る【写真:荒川祐史】

新日本プロレスの人気レスラーが独占インタで明かす“熱い思い”

 プロ野球、いや読売ジャイアンツ、いや原辰徳を愛して止まない人物がいる。新日本プロレスが誇る屈指の人気レスラー、タイガーマスクだ。現在、新日本が誇る初夏の風物詩「ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア(スーパーJr.)」に18年連続18度目の出場を果たしているマスクマンは、年の離れた20代の選手を相手に、ジュニアヘビー級戦士の頂点に立つべく奮闘している。

 6月5日に両国国技館で行われる決勝を目指すタイガーマスクが、過密スケジュールの合間を縫って「Full-Count」の独占インタビューに登場! 少年時代に憧れた原辰徳選手、勝利にこだわる原辰徳監督、そして人間・原辰徳が持つ魅力について、熱い思いを余すところなく語ってくれた。3回シリーズの第1弾では「タイガーマスク少年と原選手」をお届けする。

 ◇ ◇ ◇

――原辰徳ファンになったきっかけを教えて下さい。

「小学校3年か4年の時、新卒で赴任してきた女性の先生がすごくキレイな人で大好きだったんです。その先生が原さんのファンだったんですね(笑)。でも、僕は当時、巨人では新浦(寿夫)さんが好きで、少年野球でも背番号28だったくらい。渋いでしょ(笑)。新浦さんの笑わないニヒルな感じが格好良くて。僕、戦隊ヒーローでもイケメンの赤じゃなくて、意外に笑わない青とかが好きだったんです。

 当時、大卒ルーキーで人気だった原さんのことは何とも思ってなかったんですけど、キレイな先生の気を引こうと思って、原さんの新聞記事の切り抜きを毎日学校に持っていってました。『先生、原辰徳打ったよ!』って。先生、多分迷惑だったと思うんですよ。毎日毎日持ってくるんですもん(笑)。それから僕も原さんの格好良さが好きになりました」

――まさかのきっかけですね(笑)。

「そうなんです。そもそも、うちは読売新聞をとっていたので、11月のファン感謝デーにはもらったチケットで毎年オヤジと2人で行っていたんですよ。それでね、当たったことがあるんです。原さんの直筆サイン入りバットが。当時は後楽園球場にファンが何千人と来る中で、確か5本くらいしか当たらなかった。もううれしくてうれしくて、少年野球でも原モデルのグローブを使い始めて、背番号も8に変えてね。新浦さんはどこに行っちゃったんだって(笑)。バットもミズノに変えました。とにかく形から入ろうと思って」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」