中日元ドラ1野本圭の今 スカウト転身、抱く情熱と覚悟「人の人生を左右する」

昨季まで中日でプレーしていた野本圭【写真:荒川祐史】
昨季まで中日でプレーしていた野本圭【写真:荒川祐史】

現在、中日の中四国担当スカウトを務めている野本圭

 現役時代、帽子のつばには「志」と書いてあった。

 引退試合の最後の打席はファーストゴロ。一塁にヘッドスライディングした。無意識だった。ナゴヤドームに響く拍手と歓声。ユニフォームは泥だらけだった。闘志あふれる全力プレー、野球に対する真摯な姿勢。野本圭はファンにもチームメートにも愛された。

 岡山南高校、駒澤大学、日本通運を経てドラフト1位で中日に入団。去年、10年間の選手生活にピリオドを打ち、今年から中国四国担当スカウトとして第2の人生をスタートさせた。

「まずは顔と名前を覚えてもらうことです。岡山出身ですが、18歳までしかいなかったので、実はそんなに人脈はありません。ただ、駒沢大学のOBはどの県にもいます。本当に良かったと思います。また、社会人野球のチームに行くと、『日通の野本さん』と言われることも多いので、コミュニケーションは取りやすいですね」

 移動は電車か車。宿泊はホテル。毎日、選手情報をパソコンに打ち込み、球団に報告。9県を1人で網羅。配った名刺は800枚を超えた。

「平日は午前中に社会人、午後に高校の練習を見るのが基本です。四国にいる時はそのまま18時プレーボールのアイランドリーグの公式戦を視察することもあります。土日は大学のリーグ戦や高校の練習試合など、必ずどこかで試合を見ていますね」

 野本スカウトには決めていることがある。

「リストに挙がっている選手が誰かを監督やコーチに確認せず、まずは自分の目で全選手をチェックすることです。先入観を持たず、見る目を養いたいからです」

 さすがに去年までプロで戦っていた男である。その後に確認すると、ほとんど一致するそうだ。そして、そこから肝心の評価に入る。

野本氏が語るスカウト業「スピードガン、ストップウォッチ、ビデオカメラ、スコアブックの4つが必需品」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY