野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト12連敗の主因は? 打線は12試合91安打43得点と好調もリリーフ陣は…

ヤクルトの連敗が止まらない。5月12日に東京ドームで巨人を4-1で下したのを最後に12個の黒星を並べている。

ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】

28日の広島戦はあと1点が取れず惜敗、泥沼の12連敗を喫した

 ヤクルトの連敗が止まらない。5月12日に東京ドームで巨人を4-1で下したのを最後に12個の黒星を並べている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ヤクルトの連敗。投手名は敗戦投手。

5月14日(広)マツダ●原樹理 4-9 /2位
5月15日(広)マツダ●中尾輝 7-9 /3位
5月17日(De)神宮●小川泰弘 3-4 /3位
5月18日(De)神宮●石川雅規 6-11 /3位
5月19日(De)神宮●高梨裕稔 0-7 /3位
5月21日(神)甲子園●原樹理 2-3 /4位
5月22日(神)甲子園●ハフ 2-3 /4位
5月23日(神)甲子園●マクガフ 0-1 /4位
5月24日(中)神宮●小川泰弘 1-6 /4位
5月25日(中)神宮●石川雅規 3-10 /5位
5月26日(中)神宮●高梨裕稔 8-10 /5位
5月28日(広)神宮●原樹理 7-8 /5位

 12連敗中本拠地で7敗と、地元ファンには残念な結果になっている。今回の連敗の特徴は、打線は好調だということだ。26日の中日戦では青木、山田哲、バレンティンが3者連続本塁打、28日の広島戦も4回に山田哲、村上の本塁打で5点を奪い1点差に迫ったが追いつくことはできなかった。

 連敗中の得点は43点、91安打14本塁打を打っているが、失点は81点、137被安打16被本塁打。つまり投手陣が崩壊しているのだ。連敗中1点差負けが5試合。ファンはもう少し投手が踏ん張ってくれればと言いたいところだろう。この間にチーム順位は2位から5位まで転落した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」