野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “故意死球”に「間違いない」 猛抗議で退場の指揮官を選手も「全面的に支持」

“故意死球”に「間違いない」 猛抗議で退場の指揮官を選手も「全面的に支持」

29日(日本時間30日)の本拠地パイレーツ戦でレッズのデビッド・ベル監督が退場処分を受けた。主砲のエウヘニオ・スアレス内野手に対するパイレーツ右腕ホルムズの死球が故意だったとして、審判に猛抗議。退場を命じられ、試合後には相手やメジャーリーグ機構(MLB)への怒りをぶちまけたが、2016年までパイレーツに所属し現在はレッズでプレーする右腕も「(故意死球に)間違いない」と指揮官に同調している。

パイレーツ戦で審判に猛抗議したレッズのデビッド・ベル監督【写真:AP】
パイレーツ戦で審判に猛抗議したレッズのデビッド・ベル監督【写真:AP】

元パイレーツの右腕が古巣の死球に…“故意”だと主張「間違いない」

■パイレーツ 7-2 レッズ(日本時間30日・シンシナティ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 29日(日本時間30日)の本拠地パイレーツ戦でレッズのデビッド・ベル監督が退場処分を受けた。主砲のエウヘニオ・スアレス内野手に対するパイレーツ右腕ホルムズの死球が故意だったとして、審判に猛抗議。退場を命じられ、試合後には相手やメジャーリーグ機構(MLB)への怒りをぶちまけたが、2016年までパイレーツに所属し現在はレッズでプレーする右腕も「(故意死球に)間違いない」と指揮官に同調している。

 パイレーツが7-0とリードして迎えた8回、右腕ホルムズが投じた内角高めへの95マイル(約153キロ)の初球が、先頭スアレスの左手付近に当たった。試合の勝敗がほぼ決まっていた場面だったこともあり、スアレスは痛みに顔を歪めながらも怒りを露わに。一塁まで向かったものの、代走を送られて交代となった。その後、ベル監督が球審に猛抗議して退場を告げられると、場内は騒然となった。

 現役時代にはマリナーズでイチローの伝説の「レーザービーム」送球を受けた三塁手としても知られるベル監督。試合後の監督会見では「彼らが故意にそうしてくる(死球を当てる)と、我々は分かっている」「あのチーム(パイレーツ)はわざと選手にぶつけてくる。それはわかっている」などと主張し、「選手を守るために、私ができることをしたということ」と猛抗議の理由を明かしていた。

 そして、選手も指揮官の主張を“支持”している。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は、今回のプレーについて特集を掲載。4月上旬にパイレーツのクリス・アーチャー投手が打者の背中を通過するボールを投げたことから、両軍計5人が退場する乱闘騒ぎになった“事件”についても振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」