野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 少女に打球直撃で選手は涙 MLBが声明も…米紙は「何も変わろうとしていない」

少女に打球直撃で選手は涙 MLBが声明も…米紙は「何も変わろうとしていない」

29日(日本時間30日)のヒューストンでのアストロズ-カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJr.外野手の痛烈なファウルボールが観戦していた4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。アルモラJr.は涙を流し、試合は一時中断。波紋が広がる中、米メディアからは再発防止のためにメジャースタジアム防護ネット拡大に向けて「野球ファンが声を上げるべき」という意見も出ている。

ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】
ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】

アルモラJr.の打球が少女に直撃、再発防止への防護ネット拡大へ「野球ファンが声を上げるべき」

■カブス 2-1 アストロズ(日本時間30日・ヒューストン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 29日(日本時間30日)のヒューストンでのアストロズ-カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJr.外野手の痛烈なファウルボールが観戦していた4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。アルモラJr.は涙を流し、試合は一時中断。波紋が広がる中、米メディアからは再発防止のためにメジャースタジアム防護ネット拡大に向けて「野球ファンが声を上げるべき」という意見も出ている。

 ショッキングな場面だった。カブス2点リードで迎えた4回。無死一、二塁で打席に立ったアルモラJr.がマイリーから三塁方向への痛烈なライナーを放つと、打球はスタンドへ飛び込んだ。その瞬間、球場が静まり返った。ファウルボールは少女を直撃しており、アルモラJr.はその場で座り込んで涙。同僚やジョー・マドン監督が慰め、試合は一時中断した。

 地元紙「USAトゥデー」は「MLBの球団に防護ネット拡大を求めるのは野球ファン次第だ」と特集。同紙によると、アルモラJr.は試合後に「もしも許されるのなら、一生かけてこの少女と絆を構築していきたい。でも、今は祈ることしかできません。自分にできることはそれだけ」と語ったという。

 記事では「アルモラの経験した苦痛に耐えたいと願う野球選手は、誰一人としていない。自分のバットから放たれたファウルボールが、子供を怪我させてしまう瞬間を見しまうということなのだから」とレポート。メジャーのスタジアムでの打球に対する観客への保護対策の観点から、子供にスタンド観戦させない選手もいると紹介している。

 レッドソックスの左腕デビッド・プライス投手は、記事の中で「ハビエル(2歳男児)が試合観戦に来るときには、(打球が飛んできても防護されている)“室内”で見るようにさせている。打球はこれまでにないほどスピードを増している。毎度のことだけれど、これはMLBが行動を起こすべき案件だよ」と語っている。野球の“変化”から、ファンのリスクは増えているというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」