野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 打球が少女直撃で選手が涙…米メディア、ネット拡大“反対派”の主張をバッサリ

打球が少女直撃で選手が涙…米メディア、ネット拡大“反対派”の主張をバッサリ

29日(日本時間30日)にヒューストンの「ミニッツ・メイド・パーク」で行われたアストロズ-カブス戦で、痛烈なライナーのファウルボールが観戦中の4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。少女は病院に搬送され、ファウルを打ったカブスのアルバート・アルモラJr.外野手はその場で涙を流して試合は一時中断。米国では、この痛ましい事故の波紋が広がっている。メジャーのスタジアムでも防護ネットを拡大すべきかどうかの議論が活発化する中、米メディアは「彼女の怪我は防げたはずだ」と主張。防護ネット拡大の必要性を強く訴えている。

ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】
ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)【写真:Getty Images】

防護ネット拡大への議論が活発化「誰も野球観戦中の怪我を望んでいない」

 29日(日本時間30日)にヒューストンの「ミニッツ・メイド・パーク」で行われたアストロズ-カブス戦で、痛烈なライナーのファウルボールが観戦中の4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。少女は病院に搬送され、ファウルを打ったカブスのアルバート・アルモラJr.外野手はその場で涙を流して試合は一時中断。米国では、この痛ましい事故の波紋が広がっている。メジャーのスタジアムでも防護ネットを拡大すべきかどうかの議論が活発化する中、米メディアは「彼女の怪我は防げたはずだ」と主張。防護ネット拡大の必要性を強く訴えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 特集を組んだのは米ヤフースポーツ。「MLBの試合でファンのファウルボールによる怪我を防ぐ方法が分かっているのなら、そうしたらどうだろうか?」とのタイトルをつけ、「このコラムを書かなければならないこと自体が不思議に思える。誰も野球観戦中に罪のない人が怪我をすることを望んでいない。シーズン中に何度かファンがファウルボールに当たり、程度の差はあれど怪我をしていることが問題ないと言う人はいないだろう」と指摘している。

 アストロズ-カブス戦のアクシデントは、カブスの2点リードで迎えた4回に起きた。無死一、二塁で打席に立ったアルモラJr.がマイリーから三塁方向への痛烈なライナーを放つと、打球は少女に直撃。少女は泣いており、意識はあったようだが、一緒に試合を観ていた男性に抱きかかえられて病院に搬送された。アルモラJr.はその場で座り込んで涙。同僚のヘイワードとジョー・マドン監督、二塁走者だったバエスがアルモラJr.に歩み寄って声をかけたが、その他の選手も座り込んだり、呆然と立ち尽くすなど、ショックを隠せない様子だった。

 記事では「チームはまだ日本や韓国の球場で見られるような拡大したネットを設置していない。ファンたちが何度怪我をしても、対応は十分でない。水曜日に球場で少女が怪我をした。彼女の怪我は防げたはずである」と断言。メジャーでは、昨年8月にドジャースタジアムで79歳の女性が打球を頭部に受けて死亡するという事故もあった。観戦中のファンに打球が直撃するアクシデントは少なくない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」